ロマンが大きく膨らむ車城の山城 北茨城市

056.gif車城056.gif頂上に城があったが、現在は八幡神社がある。
b0183886_21391551.jpg

058.gif兵どもが夢の跡058.gif
今から約400年前、織田信長、豊臣秀吉らが天下取りで活躍した戦国の時代、ここ北茨城市でも、壮烈なる戦いが展開された。
現在戦場となった花園川両岸は、堤防が築かれ、高速道路、県道、市道が縦横に走り、人家が無数に点在しているが、当時は勿論、花園川には、堤防はなく、洪水の度に流れの位置が変わり、川の両岸は、ススキなどが生茂った川原が広く帯を成し、道路は曲がりくねった人馬が通るだけの狭い道幅が続き、集落(戸数)は数える程度、小高い車城からも戦場となった広い原野とその先の磯原町豊田地区までが一望できたのではないかと想像できる。
そして、この状況下に、700余対1000余の騎馬大群が太刀、槍、弓矢で合い戦った〝つわものどもが夢の跡〟が、この地にもあった。

〇郷土研究をされている滑川光潤氏が母校日立一校同窓会誌「東京白亜」に投稿した記事「車城・ロマンが大きく膨らむ車の山城」をご紹介します。(クリックして下さい。)

056.gif滑川光潤氏056.gif
b0183886_9474046.jpg

〇「車実記」から「大北川原合戦に関する記事」をご紹介します。(クリックして下さい。)

056.gif大北川原合戦で戦死した車城主車兵部大輔義秀の供養碑056.gif臼場地区勝沼きい子氏前庭にある。
b0183886_6363293.jpg

056.gif義秀公舎弟八郎武久が馬を深田に落とし、馬上で腹を切ったところ056.gif
丸印のところに慰霊の塚があったが、現在は残念ながら埋立てられてしまった。
b0183886_8114620.jpg

056.gif車城年代譜056.gif(画像上をクリックすると多少画像が大きくなります。)
b0183886_1325671.jpg

056.gif市の神様の石碑056.gif下相田地区直線道路になっている先にある。
b0183886_21411829.jpg

[PR]
by reina-g | 2009-09-04 09:31 | 北茨城市の歴史 | Comments(2)
Commented by namechan at 2009-09-07 06:26 x
中妻にも城がったのですね。車城。身近なところにロマンが隠れて
いるものですね。もっと知りたいですね。期待しています。
Commented by れいなじ at 2009-09-09 04:24 x
iおじさんちの真後ろに、義秀公舎弟八郎武久が馬を深田に落とし、切腹したところとして、直径2m位の塚がありました。大きな茅葺の家に住んでいた幼い時は、そのところまで行く事が私の行動範囲だったのを思い出します。


<< 「茜平青少年の家」施設解体 北茨城市 第30回大津みなと祭&ハーバー... >>