「ほっ」と。キャンペーン

才丸の里に春の兆し 北茨城市

emoticon-0155-flower.gif自生種の福寿草群生地がある鈴木さん宅の裏山emoticon-0155-flower.gif
b0183886_9341150.jpg

emoticon-0157-sun.gif 自生種の福寿草が咲く里「北茨城市才丸地区」 emoticon-0157-sun.gif

寒い日が続く日々、才丸の里で“春告げ花・福寿草”が蕾をつけて咲こうとしている。
北茨城市関本町才丸地区は、華川町花園神社方面に向かい、途中の水沼地区丁字路を右折して磯原駅から約15km(水沼丁字路から2km)先にあり、才丸の人家が見える二軒目の鈴木三蔵(68)さんの自宅裏山東向きの斜面約700㎡(200坪)に福寿草群生地がある。
鈴木さんの話では、「福寿草は途中で植えたものではなく、祖父の明治初期代には既に裏山に群生していたので、自生種に間違いない。」とのこと。
福寿草の見頃は、2月上旬頃からだが、個人管理であるので、家人(管理者)に許可を得てから常識を以って観賞をお願いしたい。

emoticon-0168-drink.gif才丸地区の福寿草畑地図emoticon-0168-drink.gif


emoticon-0155-flower.gif福寿草アップemoticon-0155-flower.gif所々の陽だまりに咲く福寿草
b0183886_230426.jpg

emoticon-0155-flower.gif見た限りでは‥emoticon-0155-flower.gif
土筆が土から芽を出している程度なので良く見ないと蕾を見落としてしまう。
b0183886_2374064.jpg

emoticon-0155-flower.gif管理者の鈴木三蔵さんemoticon-0155-flower.gif
鈴木さんは、自生種の福寿草を先祖から受け継ぎ、一般市民の観賞コースの危険個所に安全柵を設置するなどして管理し、毎年福寿草見頃の時期には公開のサービスに努めている。
b0183886_23134611.jpg

emoticon-0155-flower.gifきつねemoticon-0155-flower.gif(福寿草の咲くところの道路反対側の田圃の中に設置された檻に入っている。)
いたずらキツネのみせしめなのか、囚われの身のきつね。
b0183886_23201849.jpg

※お詫び:最近、購入三年目のカメラが不調でピンボケが多く困っています。この才丸での撮影もピンボケカメラで撮ったものでありますが、如何にか見えるものを選びました。現在、カメラの様子を見ていますが、今後撮影に支障をきたす場合は、カメラ修理のためお休みさせて頂きます。
 ※1/23 カメラ店に修理依頼。-約三週間後完成予定-
[PR]
by reina-g | 2010-01-17 09:34 | 北茨城市のニュース | Comments(0)


<< 山田隆夫講演「笑いは健康・長寿... 10 消防出初め式 北茨城市 >>