涼しげに咲くヤマユリ 北茨城市

056.gif西明寺地区のヤマユリ №1056.gif
b0183886_15134395.jpg


058.gifやまゆり 北茨城市058.gif
暑い日が続く毎日、涼をもとめて山沿いを歩くと白い清楚な花・ヤマユリが所々に咲いている。
ヤマユリの一番の特徴は、大きな花と強い香りが周辺に漂って「ユリ姫ここあり」とばかりに存在をアピールしているようだ。
ヤマユリを辞書で調べると、ユリ科の多年草。山野に自生し、高さ約1.5メートル。葉は披針形で互生。夏、白色のらっぱ状の花が横向きに開く。花の内面には赤い斑点があり、強い香りを放つ。本州の近畿地方以北に多い。鱗茎(りんけい)は食用。《季 夏》「見おぼえのヤマユリけふは風雨かな/立子」…とある。
056.gif西明寺地区のヤマユリ №2056.gif
b0183886_15235221.jpg

056.gifその他の花 №1056.gif野カンゾウの花
b0183886_15312236.jpg

056.gifその他の花 №2056.gif合歓の花
b0183886_15333481.jpg

[PR]
by reina-g | 2010-07-23 15:07 | 北茨城市のニュース | Comments(0)


<< 夏祭り 高萩市 海の日記念・よう・・そろーまつ... >>