五浦六角堂が復元 北茨城市

056.gif復元された六角堂056.gif
b0183886_1451175.jpg

058.gif津波で流失し約1年1ヶ月ぶりで姿を現した五浦六角堂058.gif
昨年3月11日の東日本大震災の津波で流失して復元が進められていた北茨城市大津町五浦、茨城大学所有の六角堂がこの度完成して、明日17日に工事完成式が行われ、津波流失から約1年1ヶ月ぶりの28日(土)から一般に公開されることになる。
六角堂は、創設者でもある思想家・岡倉天心の明治38年創建当初に限りなく近いものを作り上げる方針から、外壁は酸化鉄を主成分とするベンガラを使ってシンボルである赤色を再現、窓ガラスや瓦にも従来の工法が使われたなど、天心イメージを大事にして復元を進めていた。
この六角堂の早期再建完成が〝復興のシンボル〟として、これから北茨城市全体の早期復興の足掛かりになるように期待している。
043.gif茨城大学五浦美術文化研究所復興計画について044.gif(クリックしてください。)

056.gif在りし日の六角堂056.gif
比較すると復元した六角堂はこの六角堂よりも〝高さ〟が、やや高くなった様だ。↑
b0183886_1505195.jpg

056.gif周囲もサッパリと…056.gif
間伐や枝払いしたので、ここ岬公園からも天心邸や庭園が見えサッパリとしている。
b0183886_153826.jpg

056.gif六角堂をアップ056.gif
b0183886_1737665.jpg

056.gif津波の爪痕056.gif
六角堂の土台だけが残っていた。
b0183886_2341372.jpg

[PR]
by reina-g | 2012-04-16 14:51 | 北茨城市のニュース | Comments(4)
Commented by namechan at 2012-04-18 07:40 x
昨夕のNHKのニュースでも取り上げられていましたね。
在りし日の六角堂との対比で、再建の過程が良くわかり
タイムリーな話題で感心しました。
益々の健脚を発揮して取材を期待します。
Commented by reina-g at 2012-04-19 17:23
namechan さん、毎度有難う御座います。
先程の〝黄門の井戸〟については、感情的コメントにつき消除します。
Blog管理人は、勝手に消除出来るのでいいですね。
これからも、ご愛読ください。
Commented by hitatinotono at 2012-04-19 20:46
先撮りでしたね~~~^^。
やはり在る所に無いと寂しいですね。
Commented by reina-g at 2012-04-20 06:17
hitatinotonoさん、お早うございます。
いつも話題を追って頑張っていますね。
無理しない程度にご活躍ください。いつも、みていまーす。


<< まもなく春全開の花園地区 北茨城市 第二回石岡さくら祭りと常磐炭鉱... >>