カテゴリ:爺の思い( 16 )

新年のご挨拶

emoticon-0155-flower.gif初日の出emoticon-0155-flower.gif北茨城市公共の宿「マウントあかね」でご来光拝みに行ってきました。
b0183886_1720245.jpg


初春を迎え
    皆様のご多幸を
           お祈り申しあげます
             
 平成27年 元旦 reina-g


More
[PR]
by reina-g | 2015-01-02 17:20 | 爺の思い | Comments(3)

正月飾りつくり講座 北茨城市

emoticon-0155-flower.gif講習生集合記念写真emoticon-0155-flower.gif
10人程講習を受けられたが、何人かが「正月飾り」が出来上がったので帰られたようだ。
b0183886_1734513.jpg

emoticon-0157-sun.gif正月玄関飾りの作製emoticon-0157-sun.gif
北茨城市生涯学習の公民館事業「お正月飾り作り講座」が暮の12月22日(月)、華川公民館で行われました。
講師の先生は、今年初回の鈴木主計氏。受講生は、応募した10名程の地区市民。
作業は、稲藁を荒縄にし、これを骨組みにして作ることから始まりです。
これに公民館側で用意した〝飾りグッツ〟を見栄え良く刺していけば2時間弱で完成となるわけですが、縄もじりの技術がもっているかどうかで仕上がりの良し悪しが決まります。

emoticon-0139-bow.gif約7年間使用したカメラが故障してしまいました。ブログ作成が出来なり、止めるのが潮時かと思いましたが、家族の協力があり、新しいカメラが手に入りました。来年もブログ続行いたしますので、今迄通り、ご愛読くださる様、よろしくお願いいたします。emoticon-0139-bow.gif

More更にお正月飾りが…
[PR]
by reina-g | 2014-12-28 17:04 | 爺の思い | Comments(0)

山百合の魅力 北茨城市

emoticon-0155-flower.gif山百合の花言葉emoticon-0155-flower.gif (2014/07/28 北茨城市磯原町大塚地区で撮影)
 荘厳、威厳、人生の楽しみ、高貴な品性、飾らぬ美など山百合へ最高の褒め言葉のようです。

b0183886_9515771.jpg

emoticon-0157-sun.gif今の時期、山百合の花が咲き誇っていますemoticon-0157-sun.gif
山道を車で走っていると、山百合が咲いているのを見かける季節になりました。
山百合は、「高貴な品性」の花言葉があるように、大輪の白い花と放つ香りが優雅な気分にしてくれます。
しかし、切り花にして、小部屋などに一輪でも飾ると、香りが濃くなり逆に気分を害する場合があります。
又、テレビの刑事ドラマで犯人の衣類に付いた花粉が証拠となり事件を解決するものがありましたが、このドラマで「百合の花粉が衣類に付くと中々落ちないんだ」と教えられました。
ところで今、小豆に砂糖、水を加え煮立て餡子を作りますが、戦中戦後の食糧難の時代、百合の球根を小豆の代用として餡子を作り、百合餡饅頭として食べた覚えがあります。
これも、物が豊富になった現在、百合餡は少し苦味が残るなど、市場には消費者の皆さんに敬遠されて出回っていませんが、若しかしたら、調理の工夫で苦味問題を解決し、高級食材になって、私の知らない世界で有名になっているかも…。(〖そんなこと、あるかい !!〗ちょうや梅酒(株)提供、女優・高畑充希さん出演、最近作コマーシャルの最後の一言から)

Moreこちらにも山百合が…
[PR]
by reina-g | 2014-08-01 23:00 | 爺の思い | Comments(2)

謹賀新年

emoticon-0155-flower.gif初日emoticon-0155-flower.gif北茨城市華川町の公共の宿「マウントあかね」からの初日の出

b0183886_02152026.jpg
謹んで新年のお慶びを申し上げます
初春を迎え皆様のご健康と ご多幸をお祈り申し上げます 本年もよろしくお願いいたします
[PR]
by reina-g | 2014-01-01 02:15 | 爺の思い | Comments(4)

花園地区紅葉の便り… 北茨城市

emoticon-0155-flower.gif水沼ダムと水沼山emoticon-0155-flower.gif 2012/11/09撮影
b0183886_2135018.jpg

emoticon-0157-sun.gif花園地区の紅葉は始まったばかり…emoticon-0157-sun.gif
昨日(11/9)、花園地区を訪ねて紅葉の状況を観てきました。
地元の人に尋ねると「ここ4~5日前からの夜の冷えで急に色付きだした」とのこと。
紅葉は、始まったばかり、その期間は短期間で終わります。絶好の時期を逃さないよう、是非お越しくださり、花園神社境内、花園渓谷などの紅葉を直にご覧ください。
emoticon-0155-flower.gif県道からダム事務所入口直後の橋左側から写す。emoticon-0155-flower.gif
b0183886_2175873.jpg

emoticon-0155-flower.gif花園もーる付近emoticon-0155-flower.gif
b0183886_21142726.jpg

b0183886_21122829.jpg

emoticon-0155-flower.gif花園神社境内emoticon-0155-flower.gif
b0183886_21153824.jpg

b0183886_21165594.jpg

b0183886_014583.jpg

emoticon-0155-flower.gif花園渓谷emoticon-0155-flower.gif
b0183886_044487.jpg

emoticon-0155-flower.gif亀谷地湿原emoticon-0155-flower.gif
b0183886_0102183.jpg

emoticon-0155-flower.gif高萩市・花貫渓谷の紅葉状況emoticon-0155-flower.gif2012/11/16撮影
b0183886_21275552.jpg

[PR]
by reina-g | 2012-11-10 06:00 | 爺の思い | Comments(2)

中妻地区の八幡神社祭礼 北茨城市

emoticon-0155-flower.gif中妻八幡神社 9:30 emoticon-0155-flower.gif中妻区長・氏子総代挨拶の篠原武司氏と司会をする総リーダーの宇佐美憲一氏。
この度の震災での神社被害は、神殿奥の屋根一部破損と石灯篭が石階段下に落下したが、元に戻し、神殿に向かって右側にあった「石の御手洗」の地盤が軟弱のために、それを左側に移動する補修を行ったとのこと。
b0183886_14394783.jpg

emoticon-0157-sun.gif元々は五穀豊穣・坪内安全・家内安全・子孫繁栄祈願の祭りemoticon-0157-sun.gif
11月20日(日)、北茨城市華川町中妻地区の八幡神社祭礼があった。
私の幼少時の多賀郡華川村の時代は現在の様に毎年、神輿、山車の出番は無かった。当時は、ただ五穀豊穣・家内安全など祈願祭りだけの、何もない〝食(く)い祭り〟であった。
又、中妻地区の11月23日(祭日)祭開催日に対し、臼場地区、車地区、下小津田地区などは字毎に祭り開催日が異なり、祭り地区から親しくしている家との間に、正月料理の交換があり、二重重ねの重箱の一つは、赤飯が入り、もう一つは、手作り羊羹、野菜の天婦羅、キンピラ、大根と人参を酢と砂糖で漬けた〝なま酢〟が入り、当時としては祭りの時だけしか食べられない様なご馳走だ。これを祭り日でない相手方に持って行き、時にはお礼として駄賃を貰って帰る良き時代であった。
そんな事を思い出しながら、毎年カメラをぶら下げて中妻地区の祭りに出向く。
※昨年の八幡神社祭礼 (クリック)

emoticon-0155-flower.gif丹宗也中妻地区青年会会長挨拶emoticon-0155-flower.gif
b0183886_1442662.jpg

emoticon-0155-flower.gifさあっ!これからワッショイと街中へ… 10:00emoticon-0155-flower.gif
b0183886_14482912.jpg

emoticon-0155-flower.gif担手応援の皆様emoticon-0155-flower.gif
b0183886_151984.jpg

emoticon-0155-flower.gif子供神輿emoticon-0155-flower.gif
b0183886_15235958.jpg

emoticon-0155-flower.gif神輿担ぎは「三度の飯より大好き」の仲間たちemoticon-0155-flower.gif
b0183886_15255679.jpg

emoticon-0155-flower.gif毎年友好を保って高萩市の「萩友会」囃子連から笛・太鼓のトラックごとの大サービスemoticon-0155-flower.gif
b0183886_1528815.jpg

emoticon-0155-flower.gif河川渡御 13:00emoticon-0155-flower.gif
昼食後なので酒の飲み過ぎか、ふらふら状態の担ぎ手、未経験の担ぎ手が原因なのか、始めから終わりまで神輿が不安定、川を渡り終わったところで、神輿の担ぎ棒が土に付く失態があったが、これもご愛嬌かな。
b0183886_538168.jpg

b0183886_17385076.jpg

b0183886_17392012.jpg

b0183886_17394517.jpg

b0183886_723780.jpg

emoticon-0155-flower.gifお祭り大好き男たちemoticon-0155-flower.gif
b0183886_7231028.jpg

emoticon-0155-flower.gif男の勲章emoticon-0155-flower.gif
b0183886_540524.jpg

[PR]
by reina-g | 2011-11-21 14:38 | 爺の思い | Comments(4)

懐かしい母校・二宮金次郎 北茨城市

emoticon-0155-flower.gif現在の中妻小学校校舎emoticon-0155-flower.gif
b0183886_22514032.jpg

emoticon-0157-sun.gif懐かしい母校ー爺の想いーemoticon-0157-sun.gif
9月17日(土)早朝6時、運動会開催決定の打ち上げ花火の音が市内11の小学校から一斉に鳴り響き、私は母校の北茨城市立中妻小学校運動会を覗きに行った。しかし、来て見れば時(代)の経過で知る人は少ししか居らず、まるで竜宮城から亀に送られて浜に帰った浦島太郎の様に環境の変化には一寸寂しいものがあった。

私が多賀郡華川村立中妻小学校に入学したのは、終戦2年後の昭和22年4月、この年は新しい教育法が制定、名称も「国民学校」から「小学校」と変更になったが、社会は物不足、貧困が続き、家族を支える親たちは、大変な苦労をした時代だったと思う。
当時の校舎は、木造平屋建て・7教室(内職員室含む)、その後の昭和25年、当学校区域内の車駒木地区に「大日本炭鉱」が開設され、児童数が徐々に増加、昭和28年1月、北東側に木造2階建・8教室が建て増された。
(その後、昭和30年4月華川村が磯原町と合併、磯原町立中妻小学校と改称。昭和31年3月北茨城市誕生、北茨城市立中妻小学校と改称。)
昭和34年6月、最初の木造平屋建て校舎の半分を壊し、新校舎4教室が竣工、昭和39年8月、残り半分の木造校舎を取り壊して管理校舎(職員室、校長室、保健室、理科室)が完成、そして、昭和42年9月、大日本炭鉱閉山により、一挙に児童数が減少、一時中妻小学校が存亡の機となったが、中妻地区に市営住宅団地が完成して児童数が元に戻り危機は免れた。昭和55年3月体育館が完成した。現在の鉄筋コンクリート・4階建て校舎は、平成元年5月に完成した。(写真)

中妻小学校約30分の滞在時間、運動会観戦をそこそこにして帰ろうとすると、入学当時からも校舎前に薪を背負って本を読んでる「二宮金次郎石像」君が装いも新たに立っていた。校庭拡張工事で移動の際に、台座から落とされて両足を骨折して添え木を当て針金で巻かれ痛々しい姿であったが、この度の震災で再び、落とされ二度の災難を経験したが、新しく蘇えったのだ。

  ↓emoticon-0155-flower.gif新しい二宮金次郎石像に絶賛!!emoticon-0155-flower.gif
昨今世間では、金次郎に対する考えが変わっているのでは…と考えたくなる。
車社会の現在、本を見ながら歩くことは、子供らを車から守る「交通安全」の建前、子供に悪い影響を与えるとの理由からと、座って本を読む金次郎像に変更する学校、校舎中心部分の玄関先に設置していた金次郎像を校庭の片隅に追いやった学校、金次郎像を校庭から排除した学校があると聞かされた事があるが、これが本当なら悲しいことである。
しかし、薪を背負って歩きながら本を読んでいる姿は、貧乏が故に寝るのも惜しみ、時間を惜しんで勉学・労働をする金次郎のスタイルを表しているのだから、学校の先生方は子供に、この事を良く教える事で今迄通りの“歩きながら本を読む金次郎像”で良いのではと思う。
b0183886_17501925.jpg

emoticon-0155-flower.gif在りし日の金次郎正面像emoticon-0155-flower.gif(この石像は、破損が著しいので処分したとの事。)2007/07/03撮影
台座の正面には、「至誠報徳」とあり、裏面には、「紀元2601(昭和15)年4月29日 寄贈者は鈴木亀之助 越谷梅夫」とあるが、“鈴木亀之助”は、臼場出身の旧華川村の村長経験者・資産家。“越谷梅夫”は、現在のところ不明である。
b0183886_1753565.jpg

emoticon-0155-flower.gif在りし日の金次郎の後ろ姿emoticon-0155-flower.gif2007/07/03撮影
b0183886_2224329.jpg

emoticon-0155-flower.gif昭和34年から39年までの時期の航空写真emoticon-0155-flower.gif【中妻小学校提供】
学校前(右下)は、農家造りの家は、今も酒やを営んでいる鷺内酒店。学校後ろ(反対側)の農家造りの家は、屋号「こなかや」で文房具なども販売していた。
b0183886_2115445.jpg

emoticon-0155-flower.gif中妻尋常小学校を昭和10年4月入学し、昭和16年3月卒業記念写真に納まった皆さん方、凛凛しいお顔立ちです。emoticon-0155-flower.gif 
昭和3年4月2日から昭和4年4月1日生れの現在82歳~83歳の卒業生。左前列に座る若き柴田兵部先生を始め、この中の半数の先輩を存知上げているだけに懐かしい写真の1枚。しかし、残念ながら殆んどの方がお亡くなりになっている。(赤字部分をクリック)
※昭和16年4月から尋常小学校は国民学校となる。
b0183886_2105748.jpg

emoticon-0155-flower.gif懐かしい松の木を眺めていると…emoticon-0155-flower.gif
校庭の拡張工事時、2反歩からの土地と共に提供した当時学校裏側にあった「こなかや」所有の松。この松を見ていると「こなかや」の主、亡き「信」さん「たま」ちゃんご夫妻の当時の優しい人柄が偲ばれる。
b0183886_615775.jpg

emoticon-0155-flower.gifこんな可愛そうな金次郎さんも…emoticon-0155-flower.gif (2011/11/09撮影)
校庭拡張時に校庭の隅に追いやられ、この度の震災で台座から落とされたままの、ある小学校の金次郎コンクリート像。
b0183886_19475848.jpg

[PR]
by reina-g | 2011-09-22 07:32 | 爺の思い | Comments(4)

中秋の名月 北茨城市

emoticon-0155-flower.gif今晩の中秋の名月emoticon-0155-flower.gif
b0183886_21241993.jpg

emoticon-0157-sun.gif月見の夜は…emoticon-0157-sun.gif
今日(9/12)は、満月の夜で中秋の名月。
十五夜で中秋の名月として、1年のうちで、秋の真ん中が一番月が美しく見える ということから旧暦の8月15日にススキ、萩、お団子、おはぎなどを飾り、お月見をするという風習があり、この「中秋の名月」は旧暦の8月15日なので日は毎年変わることになる。
私の幼少時は、「月見泥棒」と言って、表廊下に飾る果物類を失敬する風習があったが、終戦直後のことなので、腹を満たす為の単なる“泥棒行為”なのか、盗られることが“縁起が良い”と被害者宅から歓迎されたのかは、今になっては分からない。
しかし、風習は社会生活の変化により姿を消し、この他に恵比寿様、節分時の豆まき、七夕飾りなどの行事も、行う家が少なくなった。 ちょっと淋しい限りである。

emoticon-0155-flower.gif自己流のお月見飾りemoticon-0155-flower.gif
b0183886_21274991.jpg

[PR]
by reina-g | 2011-09-12 21:00 | 爺の思い | Comments(4)

初詣はいつもの花園神社 北茨城市

emoticon-0155-flower.gif花園神社入口emoticon-0155-flower.gif
b0183886_556330.jpg

emoticon-0152-heart.gifご挨拶emoticon-0152-heart.gif
明けましてお目出とう御座います。いつも、つたない当ブログをご覧下さり有難う御座います。こてこてのローカルブログですが、今年もどうかご愛読下さるようにお願いいたします。

emoticon-0157-sun.gif初詣はいつもの花園神社emoticon-0157-sun.gif
昨年10月、十年来の二人目の孫が生まれて家族が増えた〝れいな一家〟が一日に泊まりに来たので、いつもと違った賑やかな正月を迎えることが出来ました。
昨年の初詣は、〝二人目の孫〟の誕生を祈願しての詣でしたので、本年の初詣(4日)は、その通りになった〝神様にお礼参り〟です。
昨年の花園神社初詣ご覧ください。

emoticon-0155-flower.gif初詣で拝殿前で今年一年を良い年であるようにと拝む人々emoticon-0155-flower.gif
b0183886_6231068.jpg

emoticon-0155-flower.gif拝殿内部emoticon-0155-flower.gif
b0183886_6272737.jpg

emoticon-0155-flower.gif拝殿隣の神楽殿emoticon-0155-flower.gif
神楽殿の縁側には、昨年の正月飾りなどが積み重ねてある。
b0183886_636787.jpg

emoticon-0155-flower.gif里より寒い花園地区emoticon-0155-flower.gif
いつ降ったのか、所々に雪が残っていた。
b0183886_6454177.jpg

[PR]
by reina-g | 2011-01-05 05:56 | 爺の思い | Comments(2)

師走の29日 北茨城市

emoticon-0155-flower.gif茅葺き屋根を補修する浄蓮寺emoticon-0155-flower.gif
北茨城市華川町上小津田にある淨蓮寺において12月半ば頃から本堂屋根の葺き替え補修が始まり、翌年1月半ば頃までの期間行うとのこと。補修に用いる萱は、自衛隊北富士練習場から運んできた上等品。作業する〝かやでさん〟3人は、栃木県から泊まり込みで来ている他近所から3人が補助作業として雇われている。
b0183886_1414663.jpg

emoticon-0157-sun.gif新しい年を待つ北茨城市emoticon-0157-sun.gif
「年の瀬午前中の29日、バイクで走ってみました。」として、もっと充実した内容で作成を考えておりましたが、時が経ち(12月29日)ニュース性が薄れているとして、ブログ作成の抹消ボタンに手を掛けましたが、これもれいなじ(ハンドルネーム)の馬鹿さ加減を皆様にお見せできることと考え直して公開することになりました。 (2011/01/02公開)

emoticon-0155-flower.gif春を待つ茜平の福寿草emoticon-0155-flower.gif
例年だとこの頃は花が所々に咲いていましたが気候の影響かつぼみだけの寂しい状態です。しかし、このつぼみも直ぐに花になり、あかねの福寿草畑は満開状態となるでしょう。(赤字をクリックして下さい。)
b0183886_14171354.jpg

emoticon-0155-flower.gifマウントあかねの福寿草畑emoticon-0155-flower.gif
b0183886_14184171.jpg

emoticon-0155-flower.gif北茨城市の女性消防団emoticon-0155-flower.gif
暮れの29日大津漁港近くの「よう・そろー」広場で消防機械の扱い、放水までの時間などの機敏な動作を鍛錬する猛特訓をしていましたが、女性のしとやかさは封印している様で、市民の命と財産を守る消防士として男性消防士にも負けないテキパキとした動作でした。
b0183886_1428263.jpg

b0183886_14291377.jpg

[PR]
by reina-g | 2010-12-29 14:14 | 爺の思い | Comments(1)