<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「親父の会」の頑張り 北茨城市

056.gif下駄箱補修作業に夢中056.gif
b0183886_2143014.jpg

058.gif磯原中学区親父の会活動058.gif
北茨城市磯原地区の父親たちが、地域の子どもと積極的に係わって子育てに参加し、子供たちの不登校や非行などの問題を父親の立場から向き合っていく「磯原中学区親父の会」(佐藤英史会長・会員数:約60名)は、磯原中学校を中心に明徳小学校、精華小学校、地域のボランティア団体などで立ち上げた組織で平成20年8月から1年6月を経過しようとしている。
この間の組織活動は、精華小学校校庭で行ったソフトボールとドッチボールの試合が、親子の触れ合い促進としてベストであるが、スポーツイベントに限らない趣旨に添うものであればと、時には“親父”の動員人数が少数でもできる学校備品の修理などにも取り組んでいる。
今回は、4月からの新入生145名が少しでも早く、新しい環境に慣れて学校生活に入って欲しい思いから校舎入口に設置してある「下駄(履物)箱」の補修を行っていた。
この“親心”が子供たちに伝わって欲しいものである。

056.gifベニヤ板を張替え‥056.gif
その後、表面の汚れを取り掃ってから白色ペイントを塗る作業。
b0183886_837383.jpg

056.gif綺麗に修理された下駄箱が設置056.gif
b0183886_8351673.jpg

056.gif卒業生手作りの渡り廊下056.gif
登校拒否などの問題児だった卒業生が“改心の証”にと手作りの「渡り廊下」を後輩に‥。
b0183886_8453571.jpg

056.gif設置作業が終わり最後のお掃除056.gif
b0183886_8405887.jpg

056.gif有志者056.gif
設置当日の今日(3/31)は、年度末と休日以外の日で他の会員は忙しいのでPTA会長、親父の会会長・同副会長の最小限3名と少数の先生、生徒で下駄箱設置作業を行っていた。
b0183886_843031.jpg

[PR]
by reina-g | 2010-03-31 21:43 | 北茨城市のニュース | Comments(0)

“春告げ魚・コウナゴ(小女子)”の大漁で賑わう大津漁港 北茨城市

056.gifコウナゴの競り056.gif
b0183886_2238722.jpg


058.gifコウナゴ(小女子)の大漁で賑わう北茨城市大津漁港058.gif
現在、北茨城市大津漁港は、コウナゴが大漁で浜が賑わっている。
コウナゴは漢字では「小女子」と書き、イカナゴの稚仔魚期の呼び名。成長したイカナゴは浜ではメロウド(女郎人)と呼び、夏の終わり頃の水温が高い時期には砂に潜って休眠する性質がある。
コウナゴは船びき網で漁獲し、常磐、茨城の海では早春の風物詩となる。コウナゴもメロウドもそのままでは魚屋さんに並ぶことはなく、コウナゴはシラス干しと同じように釜ゆでにして干したものや、さらに甘露煮風の佃煮にしたもので流通される。また、メロウドは西日本では食べる所もあるようだが、福島、茨城では養殖用の餌として取引されているようだ。

056.gif臨時にお母さんの手を借りて小船から‥056.gif
b0183886_551024.jpg

056.gif小型漁船で続々沖からコウナゴが運び込まれてくる。056.gif
b0183886_59584.jpg

056.gifタイトル・茨城大津漁港で「春にオススメ1日漁師体験」056.gif ※大津で3/11(木)ロケーション。
市場仕事をお手伝い!。漁師生活完全密着プラン!。地元ならではの絶品料理登場をテーマにテレビ東京(地上波7チャンネル)3/20(土)18:30~19:00の30分間放映された。“明日できる!週末の遊びナビ”をテーマにHey!Say!Jumpの藪宏太、八乙女光が、“仲間”と共に週末を最高に楽しくする遊びを提案!今回は茨城の漁師町で漁師さんの生活に密着、メンバー全員で一日漁業体験・コウナゴ漁にチャレンジ、地元の人しか知らない絶品“海の幸”も登場。 ゲスト・松居一代 ペナルティ(ヒデ、ワッキー)
b0183886_512449.jpg

056.gifお船会館・ようそろー別館の調理室であんこう汁とコウナゴふりかけ作りに挑戦056.gif
b0183886_5143382.jpg

056.gif松居一代、タッパーを持参、夫・船越英一郎にお土産にと‥056.gif
b0183886_5165644.jpg

056.gifあんこう汁を味見するペナルティ056.gif
b0183886_5182356.jpg

[PR]
by reina-g | 2010-03-20 22:38 | 北茨城市のニュース | Comments(0)

茜平青少年の家跡地に‥北茨城市

056.gif改めて除幕式が行われた「昭和天皇行幸地」案内石碑056.gif
青少年の家跡地に「昭和天皇行幸地案内碑」が完成し除幕式が行われた
007.gifお詫び007.gif
下記の記事は「既にあった石碑を移設」ではなく「新しく作成した石碑を設置」であり、当然「既にあった石碑‥」は誤報につき削除と訂正をいたします。関係者及び読者の皆様に深くお詫び申し上げます。この程、県道から茜平の旧進入口に設置していた「昭和天皇行幸地案内碑」を高台の青少年跡地現場に移し、石碑に“御写真”と“市長名”を加えただけのものである。(このアイデアに感服!!)
※御写真は、柴田章前市長が昭和天皇御夫妻を青少年の家玄関先でお迎えしているところ。
b0183886_15354157.jpg

058.gif北茨城市青少年の家施設跡にボランティアの力で植樹058.gif
北茨城市は、広報、NHKデータ放送・市町村のおしらせなどで“3月14日(日)午前10時から茜平青少年の家施設跡にブルーベリーなどを植えよう”と市民に呼びかけ、今日、集まった中学生、家族などのボランティア約200人がブルーベリーなどの苗木約200本を植え、晴れ渡った春暖の青空の下で普段持たないスコップを使い、一汗掻きながら作業をし、お昼時には、あかねバーベキュー施設で市が用意した“おむすび”と“ぶた汁”を食べて半日を楽しんでいた。
又、この市民参加の植樹作業の前に「昭和天皇行幸地案内碑」を青少年の家の跡地に設置、除幕式を行っていた。
09.9.9「茜平青少年の家」施設解体ご覧下さい。(クリック)

056.gif昭和天皇行幸地案内石碑の除幕式056.gif
除幕するのは、左から柴田克彦(柴田章氏長男)、志賀市議会議長、豊田市長、宇佐美教育員長の各氏
b0183886_1611444.jpg

056.gif集まったボランティアの皆さん056.gif
b0183886_16374492.jpg

056.gif土木関係の業者のみなさん056.gif
専門職なのでモミジや桜の大型苗木植付け担当とか‥
b0183886_21185691.jpg

056.gif中学生の皆さん056.gif
b0183886_21202825.jpg

056.gifぼくちゃんもお手伝い‥056.gif
このほかにパパ、おじいちゃん、おばあちゃん家族全員が参加していた。
b0183886_2122340.jpg

[PR]
by reina-g | 2010-03-14 15:35 | 北茨城市のニュース | Comments(0)

あんこう鍋で有名な街の小学校は‥ 北茨城市

056.gif全校生を集めて体育館であんこう吊るし切りの実演056.gif
b0183886_10192440.jpg


058.gif大津漁協、北茨城市立大津小学校の児童にあんこうの吊るし切り実演とあんこう鍋(どぶ汁)を提供058.gif
あんこう鍋(どぶ汁)で有名な北茨城市大津町にある北茨城市漁業組合では、漁業関係者の後継者を含む児童232名が学ぶ北茨城市立大津小学校において、児童たちに日頃から漁業について関心を持って貰おうと、昨年から年に一回、あんこうの吊るし切り実演を兼ねて“あんこう鍋”を提供している。
今回(3/3)は、あんこう25㎏を用意したが、何回も“おかわり”の要求がでるほど好評で、あんこう全部が“売れ切れ”の状態だった。
(市農林水産課職員もあんこう鍋準備に協力)

056.gifあんこうの吊るし切りに真剣な眼差し056.gif
浜の子供も今はこの吊るし切りが珍しく、真剣に見ていたが、お顔をぼかしたので、眼差しが見られないのが残念。
b0183886_10245934.jpg

056.gifこの大鍋で四杯分を用意056.gif
b0183886_10271940.jpg

056.gifおかわり056.gif
b0183886_10365989.jpg

056.gif達成感056.gif
あんこう吊るし切り名人・北茨城市漁業組合ようそろー市場食堂支配人・大森博之さん
b0183886_10394638.jpg

056.gif大津小学校正門056.gif
全校生230名(H21年度) 北茨城市全体の児童数は少子化のため10年前と比較すると12%程減少している。
b0183886_5221130.jpg

[PR]
by reina-g | 2010-03-04 10:19 | 北茨城市のニュース | Comments(0)

磯原高校最後の卒業式 北茨城市

056.gif卒業式全景056.gif
b0183886_13343072.jpg

058.gif磯原高校最後の第55回卒業式058.gif
昨日(3/1)、北茨城市の茨城県立磯原高等学校最後の卒業式が執り行われた。
昭和28年に創立された北茨城市磯原町にある茨城県立磯原高等学校は、少子化などの社会情勢の変化を受けて様々な学校改革を求められ「県立高等学校再編整備の後期実施計画」に基づく統合により平成22年3月をもって閉校となり、創立から57年続いた学校活動は、この卒業式によって歴史の幕を閉じた。
卒業式は、今後校舎などを引き継ぐ磯原郷英高校生(1~2年生)が在校生(後輩)となって、卒業証書授与、校長式辞、来賓祝辞、在校生送辞などが続き、型どおりの式典でもあったが、継承式での磯原郷英高校生代表者は「今後も磯高の歴史と伝統を継承する。」ことを力強く宣言するなど卒業生を快く送り出していた。
又、式が終了後、卒業生クラス担任の先生方が父兄席に歩み寄り、代表者から就職活動についての報告の中で、「この不景気な時代が就職難の原因であるが、ご希望とおりの結果がでなかったのは我々の力不足も‥」と何度も言葉詰まらせて自分自身を責めて話す熱い思いに心打たれた。
※第55回卒業生 155名 昭和28年以来からの卒業生総数 15,306名
〖参照〗2年前の新しい学び舎「磯原郷英高校」開校式ご覧下さい。(クリック)

056.gif磯高・磯原郷英高兼職の増子賢司校長の式辞056.gif
b0183886_23275791.jpg

056.gif来賓祝辞の鈴木徳穂県会議員056.gif
この他、茨城県教育次長・鴻田利雄、北茨城市教育長・松崎三郎、高校教育改革推進管理主事・秋本光徳、高校教育改革推進室係長・小林孝久、同窓会会長・宮本信一、後援会会長・前田利勝、PTA副会長・渡辺高人、元校長・山形安義、前校長・金田正ニ、学校評議員・山下昭良、県北生涯学習センター長・野口不二子、ピアニスト・戸来和子、北茨城市立中郷中学校教頭・竹内克直、同磯原中学校教頭・高野雅英、同華川中学校教頭・関辰洋、同常北中学校教頭・松下英俊、同関本中学校教頭・小関敏郎、磯原高等学校同窓会副会長・鈴木重臣、同・藤井寛次、同・鈴木幸男、PTA書記・皆川美子、PTA監事・松尾富栄、旧職員・伊藤金弥の各氏が出席した。
b0183886_1523193.jpg

056.gif継承式の校旗継承056.gif
磯高卒業生から磯原郷英在校生へ
b0183886_1624171.jpg

056.gif当然ながら4月からは玄関先の磯高校章が消え磯原郷英高の単独校章に‥056.gif
b0183886_18455210.jpg

056.gif<なつかしい>もう少しでお蔵入りの「磯高校歌」056.gif(講堂舞台側にある校歌歌詞)
b0183886_16134674.jpg

056.gif<なつかしい>初代校長・岩淵旭氏の顕彰碑056.gif(正面玄関先にある石碑)
昭和28年4月1日~32年3月31日の4年間在職
b0183886_19391749.jpg

056.gif磯高の教育方針の中の「校訓」056.gif(正面玄関先にある石碑)
至誠・敬愛・自主
b0183886_172229.jpg

[PR]
by reina-g | 2010-03-02 13:34 | 北茨城市のニュース | Comments(0)