「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

あかねの「ふるさと市」 北茨城市

emoticon-0155-flower.gifホテル・マウントあかね玄関前のシンボル像emoticon-0155-flower.gif
b0183886_916177.jpg

emoticon-0157-sun.gifあかねの「ふるさと市」開催emoticon-0157-sun.gif
昨日(4/25)、晴天のマウントあかねにおいて、当マウントあかね主催・北茨城市田舎暮らし体験交流協議会後援恒例の「ふるさと市」が開催された。
今年のマウントあかねの桜は、異常気象の為に寒気が居残った所為で早咲き、遅咲きの花が今一斉に咲き、桜花爛漫状態が「ふるさと市」の祭り雰囲気を盛り上げていた。

emoticon-0155-flower.gif地産地消を推進emoticon-0155-flower.gif
地産地消(地域生産地域消費)推進で生活の安定・市の発展を目的にしての「ふるさと市」には、「どぶろく特区」を受け、米から醸造したどぶろくの試飲会、地元花園牛の串焼き、海産物の販売、北茨城市との姉妹都市・中野市特産品の販売、とりたて山菜・農産物の販売などのテントが軒を並べていた。
b0183886_17563532.jpg

b0183886_0105222.jpg

emoticon-0155-flower.gif山野草展会場emoticon-0155-flower.gif
b0183886_23463471.jpg

emoticon-0155-flower.gif森のコンサートemoticon-0155-flower.gif
シンタ あっぷる君 福田唯志(ギター弾き語り)、芦戸ちえみ(ウクレレ弾き語り)、TONE(コーラス)、麗華クラブ(太極拳演舞)、FPR.アウトサイダーマザーズ REAL.BULES.BAND PMF(バンド演奏)の皆様の演奏などがあり、見物人を楽しませていた。
emoticon-0168-drink.gif福田唯志(ギター弾き語り)
b0183886_511243.jpg

emoticon-0168-drink.gifFPRアウトサイダーマザーズ(バンド演奏)
b0183886_5193431.jpg

emoticon-0168-drink.gifREAL.BLUES.BROTHERS(バンド演奏)
b0183886_520497.jpg

emoticon-0155-flower.gifマウントあかね周囲の状況emoticon-0155-flower.gif
“桜花爛漫”この言葉がぴったりです。
b0183886_530147.jpg

b0183886_5305893.jpg

b0183886_13276.jpg

b0183886_4385189.jpg

[PR]
by reina-g | 2010-04-26 09:16 | 北茨城市のニュース | Comments(0)

春のお祭2-2・花園神社 北茨城市

emoticon-0155-flower.gif花園神社emoticon-0155-flower.gif
b0183886_1846240.jpg


emoticon-0157-sun.gif花園神社のお祭emoticon-0157-sun.gif
5月5日(こどもの日)は、華川町にある花園神社の例祭で、笛・太鼓とともに演じられる“ささら(獅子)舞”であり、8歳から13歳位までの男児が演じる、角2本の親獅子・寄獅子、角1本の牝獅子からなり、優雅にして野趣に富み、古い型を良く伝えている。       
その縁起は古く、前九年・後三年の役のおり、源頼義・義家父子が戦勝祈願のため奉納したのが始まりとされており、現在使われている獅子頭は、江戸時代末期の作と伝えられている。
この祭の頃、神社境内では、石楠花(茨城県指定文化財・昭和11年4月17日指定)が咲き、大杉(同文化財・昭和35年12月13日指定)、コウヤマキ(同文化財・同年月日指定)が、各々の華麗さ、威厳さなどの環境を醸し出し“奉納・ささら舞い”を引き立たせている。
※昨年の「花園神社祭礼」ご覧下さい。
emoticon-0155-flower.gif花園神社地図emoticon-0155-flower.gif
所在地:北茨城市華川町花園567番地


emoticon-0155-flower.gif本殿前の石楠花emoticon-0155-flower.gif4/21撮影
今年は、4月の現在も寒さが残り、石楠花の開花が遅れているが、これから天気も回復し祭りの頃はベストの蕾も残る80%開花状態が維持できると思われる。
b0183886_20383619.jpg

emoticon-0155-flower.gif池付近の石楠花emoticon-0155-flower.gif4/21撮影
b0183886_20364872.jpg

emoticon-0155-flower.gifはなもも?emoticon-0155-flower.gif
b0183886_20462228.jpg

emoticon-0155-flower.gifご神木のコウヤマキと説明版emoticon-0155-flower.gif
b0183886_554981.jpg

b0183886_563834.jpg

emoticon-0155-flower.gif境内の残雪emoticon-0155-flower.gif4/17(土)に降った雪が残っていた。
b0183886_20493362.jpg

[PR]
by reina-g | 2010-04-22 07:00 | 北茨城市の観光 | Comments(4)

春のお祭2-1・淨蓮寺 北茨城市

emoticon-0155-flower.gif淨蓮寺本堂emoticon-0155-flower.gif
b0183886_17533853.jpg

emoticon-0157-sun.gif淨蓮寺の由来emoticon-0157-sun.gif
淨蓮寺は、858年(天安2年)に天台宗三代目の座主である慈覚大師が、奥州山寺(山形県山形市)創立の帰途、当地に立ち寄り、道場を開いて自ら阿弥陀如来像を作り安置した。
1190年(建久年間)ごろ源頼朝公から五十石、領主の車丹波義秀公より寺領百石を受け、寺勢をきわめて20余りの末寺を配下においた。寺は、1574年(天正2年)兵火に遭い、大半の古文書を焼失したほか、1848年(嘉永元年)にも火災に遭って宝物類なども全焼した。
1857年(安政4年)に現在の本堂が再建され、本尊の阿弥陀如来は、1681年(延宝9年)の作で、仁王尊は1683年(天和3年)の作である。
emoticon-0168-drink.gif5月3日(憲法記念日)は、淨蓮寺のお祭です。派手な催しはありませんが、お足を運ばれて、田舎の祭風情を楽しまれては如何でしょうか。

emoticon-0155-flower.gif淨蓮寺出口emoticon-0155-flower.gif
境内と渓谷に入るのには1人200円の入館料を払う。
b0183886_210656.jpg

emoticon-0155-flower.gif淨蓮寺地図emoticon-0155-flower.gif
〇 所在地:北茨城市華川町小豆畑2733番地  電話:(0293)42-0767

emoticon-0155-flower.gif鐘突き堂と愛染堂(赤塗のお堂)emoticon-0155-flower.gif
淨蓮寺の愛染明王は、車城主、車丹波守義秀公が戦勝祈願のため、満願寺(現在の花園神社)に奉納したものと言われ、この明王像の中には体内仏が納められ、1593年(文禄2年)に愛染堂が建てられたと伝えられている。
b0183886_215051.jpg

emoticon-0155-flower.gif三十三体観音入口emoticon-0155-flower.gif
渓谷終着地点まで1km位なので石仏を観ながら散歩は最高。!!
b0183886_17561683.jpg

emoticon-0155-flower.gif三十三体観音説明看板emoticon-0155-flower.gif
b0183886_17572780.jpg

emoticon-0155-flower.gif三十三体観音像の一つの観音様emoticon-0155-flower.gif
b0183886_20315966.jpg

emoticon-0155-flower.gif淨蓮寺渓谷emoticon-0155-flower.gif
b0183886_20361298.jpg

emoticon-0155-flower.gif渓谷奥の滝emoticon-0155-flower.gif
b0183886_20354146.jpg

emoticon-0155-flower.gif境内勝手口側にある“七福神”(極最近作)emoticon-0155-flower.gif
b0183886_2253884.jpg

[PR]
by reina-g | 2010-04-20 17:53 | 北茨城市の観光 | Comments(2)

第1回ふるさと自然塾「春の十石堀を歩く」 北茨城市

emoticon-0155-flower.gif出発時係員の説明を受ける参加者emoticon-0155-flower.gif
b0183886_1512794.jpg


emoticon-0157-sun.gif春の十石掘を歩くemoticon-0157-sun.gif
今日(4/18)の日曜日、北茨城市教育委員会・生涯学習課内「ふるさと自然塾」主催で“春の十石堀を歩く勉強会”が行われた。
近くの山には昨日降った雪が残るところもあって、里も晴天ながら肌寒さを感じる朝、募集定員40名のところ60名を超える参加応募があり、参加者らは当時、苦労して堀をつくった沼田主計に思いを馳せながら、元気良く十石掘の13㌔行程の5㌔コースを散策した。
emoticon-0168-drink.gifふるさと自然塾とは‥北茨城市の豊かな自然文化遺産を、生涯学習教材としてとらえ、自然保護の啓発と自然に親しむ機会を、市内の自然愛好グループ(北茨城山の会・北茨城野草サークル・北茨城ユネスコ協会など)と連携して、幅広い市民に提供することを目的とする。
emoticon-0168-drink.gif十石掘とは‥今のような技術力も機械力もない260年前の寛文8年(1747)、松井村庄屋の惣領(跡とり)・沼田主計が高台の松井地区に、山又山を越えて約13㌔先の大北川から農業用水路を掘り、用水を引いた話。(十石掘はその用水掘の名前である。)
当時の工事作業には並々ならぬ苦労が伺えられる。

◎2年前作成した「十石掘り」をご覧下さい。
[PR]
by reina-g | 2010-04-18 15:12 | 北茨城市のニュース | Comments(0)

丹生神社(三神社)の棒ささら 高萩市

emoticon-0155-flower.gif丹生神社emoticon-0155-flower.gif
松岡城跡地の中心部に松岡小学校があり、小学校の裏側にこの丹生神社が建っている。
b0183886_1612553.jpg

emoticon-0157-sun.gif丹生神社(たんしょうじんじゃ)の棒ささらemoticon-0157-sun.gif
昨日(4/11)、高萩市下手綱の丹生神社において世界平和・家内安全(五穀豊穣・子孫繁栄)を祈願して境内で棒ささらを舞う神事が執り行われた。
※ “棒ささら”とは、竹棒の先に獅子頭をつけ、3匹の獅子の上半身まで見えるように、社殿前に作った高舞台で笛や太鼓に合わせて踊る獅子舞いのこと。

ここ高萩市にある丹生神社は、水戸藩附家老中山氏(松岡領主)の氏神様で、中山氏の遠い祖先が紀州丹生川流域の天野村に丹生都比女命(にうつひめのみこと)を祀ったのが起源と言われ、その後中山家が武蔵国加治郡へ移付されたとき、紀州(和歌山県)より現在の埼玉県飯能市の中山へ移し、氏神として丹生神社を建てた。(現在も飯能市に丹生明神社が存在している。)
正保3年(1646)に、埼玉県飯能市出身の中山氏2代目、水戸藩附家老中山正信が松岡領地を与えられ、氏神として松岡城内に丹生神社を建てた。6代中山信敏の時、太田へ所替えとなり、神社も移されるが、10代中山信敬の時、再び松岡の領主となり、文化2年(1805)8月、現在地に丹生神社を建て、丹生都比女命と天満宮、稲荷社を合わせて祠り、明治以降三神社とした。
その後、大正時代の終わり頃から神事が行われなくなったが、町の有志が忘れかけた60年前の空間の神事の再現を志し、苦心の末に昭和57年10月17日に「復活奉納祭」に至り、神社境内で盛大に執り行われた。
そして、丹生神社の「棒ささら」は、平成5年1月12日に高萩市指定無形民俗文化財となり、現在は「丹生ささら保存会」によって、正月元旦の朝と4月16日の祭礼にかかる週の日曜日に公開している。

emoticon-0155-flower.gif松岡小学校付近の地図emoticon-0155-flower.gif
∴小学校・丹生神社の所在地:高萩市下手綱43番地

emoticon-0155-flower.gifささらの獅子かしらemoticon-0155-flower.gif
b0183886_18331252.jpg

emoticon-0155-flower.gif棒ささら舞いemoticon-0155-flower.gif
「棒ささら」の“棒”は、六尺の竹棒に“獅子かしら”を附けて舞台下で操る棒のこと。
b0183886_18354281.jpg

emoticon-0155-flower.gifたつご子供会の「市民ばやし演奏」emoticon-0155-flower.gif
b0183886_18381138.jpg

emoticon-0155-flower.gif式次第emoticon-0155-flower.gif
b0183886_20194919.jpg

emoticon-0155-flower.gifたつご地区の町並みemoticon-0155-flower.gif
城下町のことから昔の町並みを再現した。ブルーシートが貼ってある建物は、工事中の松岡小学校校舎
b0183886_20234590.jpg

b0183886_2024158.jpg

b0183886_20244258.jpg

[PR]
by reina-g | 2010-04-12 16:13 | 市外のニュース | Comments(0)

中郷町石岡のさくら祭り 北茨城市

emoticon-0155-flower.gif常磐炭鉱中郷鉱跡の桜の木emoticon-0155-flower.gif
b0183886_21135898.jpg

emoticon-0157-sun.gif “さくら祭り”で常磐炭鉱中郷鉱閉山後初の賑わい emoticon-0157-sun.gif
今日(4/11)北茨城市中郷町石岡桜坂の常磐炭鉱中郷鉱跡広場において北茨城市主催、初めての一日限りの“さくら祭り”が行われ、これに多くの市民らが詰めかけ、満開の桜の下で春の日差しを楽しんでいた。
当炭鉱跡地は現在、常磐興産㈱が所有して昭和46(1971)年8月に炭鉱閉山してから38年経過したが、その年数も着々と成長を続けた広場の10本の桜木(樹齢7~80年)は満開の花で市民を喜ばせていたようだった。
当時炭鉱業務に係わっていた近所の住民は「炭鉱時代行ってきた毎月の給料市、年一回の盆踊りなどの当時の広場での賑わいが、一時であるがこの“さくら祭り”で戻ってきたようだ。」と懐かしげに話してくれた。
北茨城市長は、挨拶の中で「市民の憩いとなるこの行事については、今後とも所有者・常磐興産さんのご協力を得ながら開催して行きたい。」と語っていた。
北茨城市は、町興しとして「大津漁港・雨情の里港まつり」・磯原駅前での「北茨城市民夏まつり」「平潟漁港主水まつり」が既に定着しているが、これから、この「石岡のさくら祭り」も北茨城市を活性化する“第4の 町興し起爆剤”として大いに期待されることであろう。
emoticon-0155-flower.gif市長挨拶emoticon-0155-flower.gif
b0183886_23325365.jpg

emoticon-0155-flower.gif観客emoticon-0155-flower.gif
b0183886_439214.jpg

emoticon-0155-flower.gif常磐興産より北茨城市に寄贈された神輿を感謝を込めて展示emoticon-0155-flower.gif
b0183886_23392083.jpg

emoticon-0155-flower.gif街を支えた常磐炭鉱の写真展示emoticon-0155-flower.gif
b0183886_2341070.jpg

emoticon-0155-flower.gif石岡地元悠遊塾の三味線演奏emoticon-0155-flower.gif
その他パピオンのダンス披露、石岡小学校児童の合唱、筝曲恵会の琴の演奏があった。
午後は、一般参加による素人のど自慢(カラオケ)大会があり参加者多数で盛会だった。
b0183886_2347969.jpg

emoticon-0155-flower.gifいろんなものがいっぱい‥emoticon-0155-flower.gif
水産加工品(大津港水産加工業共同組合) 水産加工品(平潟水産加工協同組合) もち・うどん等(北茨城市生活改善グループ) あんこう鍋(大津漁業協同組合) 農産物(JA茨城ひたち北茨城支店) 花苗(KITAフローラ) どぶろく(花園・才丸農産物研究会) 模擬店(石岡あじさいクラブ・石岡ファイターズ) 野点でお茶の提供(北茨城市茶道連盟) 手打ちそば(田舎ぐらし体験交流協議会) 駄菓子(マウントあかね) の出店や提供があった。
 
b0183886_4413355.jpg

emoticon-0155-flower.gif桜の花の下で一家団欒emoticon-0155-flower.gif
b0183886_42968.jpg

emoticon-0155-flower.gif野点で満喫emoticon-0155-flower.gif
結構なるお手前で‥
b0183886_451643.jpg

emoticon-0155-flower.gif炭鉱時代の建物・世話所も賑やかに‥emoticon-0155-flower.gif
b0183886_491686.jpg

emoticon-0155-flower.gif灯りがもっと欲しいライトアップemoticon-0155-flower.gif
さくら祭り前日の夕方ライトアップが行われたが光が乏しくライトアップには程遠いもの‥。(画像はパソコン処理したこの一枚が最良だった。)
b0183886_593690.jpg

[PR]
by reina-g | 2010-04-11 23:22 | 北茨城市のニュース | Comments(0)

第49回日立市さくらまつり

emoticon-0155-flower.gif平和通りの桜並木emoticon-0155-flower.gif
日立市天気相談所が市役所内における気象観測データを基に“天気予想”を独自に発表している。
その日立市天気相談所が4月2日街内の桜の「開花」を宣言した。
ご覧のとおり、花が咲いていない状態の“さくら祭”は、ちょっぴり物寂しい。
b0183886_16382141.jpg

emoticon-0157-sun.gif第49回日立市さくらまつり開催emoticon-0157-sun.gif
茨城県日立市のJR日立駅前の平和通りを中心に開かれている「日立さくらまつり」で昨日(4/3日)、国指定重要有形・無形文化財「日立風流物(ふうりゅうもの)」が披露された。桜並木にからくり仕掛けの山車が登場したが、同通りのソメイヨシノは2日に開花したばかり。桜の見ごろとは時期が合わなかったが、会場には大勢の市民らが詰めかけ、春の日差しを楽しんだ。
日立風流物は高さ15メートル、重さ5トンの豪壮華麗なからくり式の山車を引き回し、その上で人形芝居を演じる伝統行事。昨年9月、ユネスコ無形文化遺産に登録された。江戸時代、地元の神峰神社の祭礼に山車が繰り出されたのが起源とされ、素人ながら氏子らがからくりを工夫し発展してきた。
この日は「風流太閤記」「風流花咲爺」が演じられ、人形が弓矢を飛ばしたり、大判小判をまいたりする仕掛けに歓声が上がっていた。
日立市さくらまつりは、20日まで続く。
 
※詳しくは、日立さくらまつり実行委員会HP「第49回日立さくらまつり」をご覧下さい。(クリックして下さい。)
※昨年の「日立さくらまつり」の様子です。(クリックして下さい。)

emoticon-0155-flower.gifやっと4/2開花宣言emoticon-0155-flower.gif
さくら開花宣言のさくらはこんな程度、でも蕾が“あっ!”と言う間に咲き、満開の時期もまじか‥。
b0183886_1648321.jpg

emoticon-0155-flower.gif広場ではキッズダンス“よさこいソーラン”大会が行われていた。emoticon-0155-flower.gif
b0183886_1651173.jpg

emoticon-0155-flower.gif風流に父娘で人力車に乗って花見emoticon-0155-flower.gif
なんと平和で羨ましい限りである。
b0183886_16524613.jpg

emoticon-0155-flower.gif常陸太鼓の会の勇壮な太鼓の響き‥emoticon-0155-flower.gif
b0183886_16553016.jpg

emoticon-0155-flower.gif国指定重要有形・無形文化財「日立風流物(ふうりゅうもの)」の山車emoticon-0155-flower.gif
b0183886_170694.jpg

emoticon-0155-flower.gifイトーヨーカ堂特設ステージで行われた「ベリーダンス」emoticon-0155-flower.gif
b0183886_1745842.jpg

emoticon-0155-flower.gifイトーヨーカ堂特設ステージで行われた「小桜舞子新曲発表会」emoticon-0155-flower.gif
本人HP「小桜舞子」どうぞご覧下さい。(クリックして下さい。)
b0183886_177205.jpg

b0183886_1785450.jpg

b0183886_17104225.jpg

emoticon-0155-flower.gifイトーヨーカ堂特設ステージで行われた「葛城ユキ新曲発表会」emoticon-0155-flower.gif
彼女は、音声豊かな独自のハスキーボイスを持ち味として「ボヘミアン」などロック調なものを歌わせたら迫力があり最高である。
b0183886_17133683.jpg

b0183886_1715080.jpg

[PR]
by reina-g | 2010-04-04 16:37 | 市外のニュース | Comments(0)