<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

東漸寺住職の普山結制(就任)式 北茨城市

056.gif記念集合写真056.gif
b0183886_1534760.jpg


058.gif南明山東漸寺23世住職普山結制(就任)式058.gif
今日(10/31)、午前9時30分から北茨城市関南町の曹洞宗・東漸寺本殿において、住職就任式が執り行われた。
式典は、関係者だけの近隣檀家の人達と近隣の曹洞宗寺の和尚列席の中、約40分にわたり粛々と行われ、東漸寺23世住職(佐々木章格氏)が誕生した。なお、一般参拝者に対しては、本殿前テントの中へ私設テレビ中継の配慮がされていた。
069.gif東漸寺HP「悠久の瞬間の流れの中で…」ご覧ください。(クリック)

056.gif東漸寺の地図056.gif

056.gif先代22世秀格和尚の経歴顕彰碑056.gif
b0183886_15411981.jpg

056.gif今日のお祝いを示す木柱056.gif
b0183886_15505434.jpg

056.gif本堂から一般席(テント)にテレビ中継056.gif
b0183886_15544367.jpg

056.gif一般席056.gif
b0183886_15563125.jpg

056.gif集合写真(部分)をアップ056.gif
b0183886_15585252.jpg

056.gifささら舞い056.gif
b0183886_1629160.jpg

056.gifささら舞いのお囃子連056.gif長やん身体大切に…
b0183886_16304736.jpg

[PR]
by reina-g | 2010-10-31 15:34 | 北茨城市のニュース | Comments(0)

昔懐かしい〝鍛冶屋〟さんが… いわき市

056.gif鍛冶屋作業場056.gif
b0183886_4273860.jpg


058.gif村地区に必ずあった鍛冶屋さんだが… 058.gif
爺が幼い頃の昭和20年代後期までは、北茨城市華川町下相田、中妻、臼場、車、小豆畑等の小字毎に、鉄製の生活必需品の製造、修理等を商いとしていた鍛冶屋さんが必ず一軒ぐらいはあったものだが、時代の変化により、無くなってしまった。
当時、一日中観ていても飽きなかった中妻地区の「く〇の鍛冶屋」さんの“ツーカーポーカー”と、フイゴの音、そして“トンチンカン”と真っ赤に熱した鉄を打つ響きのリズム音を出しながらの鍛冶作業…、あ、あ、昔が懐かしく、出来る事ならあの時代に戻って欲しい時も…。
 ※ 昨日、いわき市上遠野地区にて
 ※ 4年前の2006年10月にも「上遠野」について取材しました。(クリックして下さい。)

 ♪村の鍛冶屋(かじや)♪ (文部省唱歌)
一、
  しばしも止まずに槌(つち)うつ響(ひびき)、飛散る火の花、はしる湯玉(ゆだま)、ふいごの風さへ息をもつがず、仕事に精(せい)出す村の鍛冶屋(かじや)。
二、
  あるじは名高きいつこく老爺(おやじ)、早起・早寝の、病(やまい)知らず、鐵(てつ)より堅(かた)しとほこれる腕に、勝(まさ)りて堅(かた)きは、彼がこころ。
三、
  刀はうたねど、大鎌(おおがま)・小鎌(こがま)、馬鍬(まぐわ)に作鍬(さくぐわ)、鋤(すき)よ、鉈(なた)よ、平和のうち物休まずうちて、日毎に戰ふ(たたかう)、懶惰(らんだ)の敵と。
四、
  かせぐにおひつく貧乏なくて、名物鍛冶屋(かじや)は日日に繁昌(はんじょう)、あたりに類(るい)なき仕事のほまれ、槌(つち)うつ響(ひびき)にまして高し。

056.gifコークスを燃料にふいごで風を起こして火を強め鉄を熱する056.gif
b0183886_4405694.jpg

056.gif熱いうちに打つ056.gif
b0183886_446230.jpg

056.gif熱いうちに打つ(アップ)056.gif
b0183886_4481254.jpg

056.gif時には“トンチンカン”と打つ道具も機械化056.gif
b0183886_4515466.jpg

056.gif滅多に使われなくなった道具056.gif
b0183886_4551532.jpg

[PR]
by reina-g | 2010-10-24 04:27 | 爺の思い | Comments(3)

秋の兆しは 北茨城市

056.gif花園神社本殿056.gif2010/10/17撮影
b0183886_2175628.jpg


058.gif短い秋058.gif
今年は、最近まで暑い日が続いた異常気象の所為か、紅葉になる進行が遅れているようだ。
昨年は、今年より6日遅く(9/23)写真撮影をしたが、それにしても昨年との画像の比較で景色の色づきの遅れの違いが解る。暦の上で「立冬」は、20日後(11/7)であるが、今年は秋の時期が短く、直ぐに冬の時期が到来することになる。果たして、今年の紅葉は…。?  ※「猿が城渓谷の画像」と比較してください。

056.gif花園神社入り口056.gif
b0183886_2242624.jpg

056.gif境内の青いモミジ056.gif
b0183886_227465.jpg

056.gif与四郎滝付近056.gif
b0183886_2304979.jpg

056.gif水沼ダム付近の紅葉だが…056.gif
b0183886_2394770.jpg

056.gif猿が城渓谷は紅葉の初め056.gif
b0183886_22555329.jpg

[PR]
by reina-g | 2010-10-18 02:30 | 北茨城市のニュース | Comments(0)

吉田正音楽記念館奏でガーデンコンサート 日立市

056.gif吉田正音楽記念館056.gif
b0183886_14223897.jpg

058.gif吉田正メロディー継承のために秋の野外ライブ 058.gif
昨日(10/16)の午後1時、日立市に野暮用の行き先の途中、宮田町・吉田正音楽記念館において「奏でガーデンコンサート~吉田メロディーを継承する歌手~」として野外ライブがあり、NHK歌番組に度々登場している福島県須賀川市出身の「門倉有希」が出演するとの情報を得たので、用事を後に回して、直ちにその会場に向かった。
“奏でガーデンステージ”は、吉田正音楽記念館の真後ろにあり、観客側は、ステージが観えるように、スロープになっていて、芝生の上に腰を下ろして観ることになっているが、汚れないように若干のビニールの敷物が用意されている。(早いもの勝ちのようだ。)
門倉有希は、期待どおり、パンチが利いたうたい方に好感があり、観客の殆んどが聞き惚れていた様だ。そして彼女は、偉大な作曲家・吉田正の音楽記念館で歌うことがプレッシャーで、昨夜は眠れなかったとのことだが、吉田が作曲した「おまえに」と「再会」の2曲を堂々と熱唱した。
069.gif2年前(2008.9) 「野口雨情&吉田正メロディーを歌うコンサート069.gif
として同じ場所で撮った画像がありますのでご覧ください。(クリックして下さい。)

056.gif門倉有希056.gifプロフィール
平成6年『鴎・・・カモメ』でデビューし、平成8年には第6回NHK新人歌謡コンテストにてグランプリを受賞。
デビュー3年目にしてその年の12月31日第47回NHK紅白歌合戦に初出場を果たし、平成10年にリリースした“ノラ”が、いまだにカラオケランキングの上位をキープし約80万枚のロングヒットとなっている。
近年では、六本木スイートベイジルを始めとするライブ活動にも力を入れており、毎回大盛況のステージとなっている。
現在、新曲『放されて』が好調な売れ行きを見せている。
b0183886_19365335.jpg

b0183886_1995219.jpg

056.gifカメラに向かってポーズをとってくれたロベルト・杉浦056.gifプロフィール
彼は、名古屋市出身。中学生時代にラテン音楽のレコードを聴き、アルゼンチン・タンゴに魅了される。大学在学中にタンゴ歌手としてプロ・デビュー。以後、アルゼンチンに渡り、タンゴの大歌手、ロベルト・ルフィーノに実力を認められ、彼の名「ロベルト」を正式に与えられる。2010年、南米時代のオリジナル曲「Dame Un Beso」に阿木耀子が日本語詞をつけた「ダメウンベソ」にて日本デビュー。
ロベルト・杉浦について(クリックして下さい。)
049.gif “ロベルト杉浦”これからの成長が期待される。049.gif
b0183886_513441.jpg

b0183886_9172997.jpg

056.gif奏でガーデンコンサート~吉田メロディーを継承する歌手056.gifとして知らせるチラシ。(吉田正音楽記念館HPから)
b0183886_1935636.jpg

[PR]
by reina-g | 2010-10-16 19:04 | 爺の思い | Comments(2)

第37回市民あるく会 北茨城市

056.gif「二つ島」を右に…056.gif
b0183886_17254536.jpg

058.gif第37回北茨城市体力つくり市民あるく会058.gif
昨日(10/11)は、「体育の日は雨が降らない。」のジンクス通り絶好の体育日和。
恒例の「市民あるく会」(国保総合健康づくり推進事業主催)に約200人の市民が参加して市役所・長浜海岸公園間の海岸沿い片道10㌔コースで行われた。(なお、帰りはバスが用意。)
目的地に到着した市民の皆様は、普段歩かない距離のためか、殆んどが〝どっかと〟腰を落として休憩タイム。リタイアを予測して列の最後尾を伴走するバスの中の5~6人も無事到着、皆さん揃っての食事タイムとなった。
昨日は気温が平年よりもやや高めの27度あり、長距離を歩き終わって一汗かいた後の海から注ぐ“爽やかな風”の有り難さと北茨城市住民が見慣れている海の景色(“青い海”“白い波”“青い空”“白い雲”そして“磯の香り”)を改めて〝素晴らしさ〟の再認識した一日となったようである。
◎昨年の「市民あるく会」をご覧ください。(クリック)

056.gifバックには「天妃山」が…056.gif
b0183886_21451672.jpg

056.gifもう少し歩けば中間の休息所(ポート大津)まじか056.gif
b0183886_2136120.jpg

056.gif目的地に到着056.gif
b0183886_21392648.jpg

056.gif歩いた後の旨いブタ汁!!056.gif目的地の長浜海岸公園では、“ブタ汁”が振る舞われ、持参したおにぎり等で昼食。(画像は、市民と一緒に食事中の市長)
b0183886_2143186.jpg

056.gif景色最高・長浜海岸!!056.gif(画像をクリックすると多少大きくなります。)
遠方の山頂左側の長い屋根は、茨城県天心記念五浦美術館
b0183886_21594977.jpg

056.gif長浜海岸からいわき市方面を望む056.gif
b0183886_2215268.jpg

056.gif関南町仁井田の天神宮祭礼056.gif
長浜海岸の帰り道神輿と遭遇。昨日雨で今日に順延となった「仁井田天神宮」祭礼の神輿だ。
b0183886_4393092.jpg

[PR]
by reina-g | 2010-10-12 03:48 | 北茨城市のニュース | Comments(3)

第4回平潟港主水祭り ~風待ち湊コンサート~ 北茨城市

056.gif平潟港主水祭り実行委員会長・篠原裕治氏挨拶056.gif
b0183886_2239776.jpg


058.gif今回からは〝アンコウ魚霊祭も〟…058.gif
昨日(10/2)、アンコウの水揚げが県内一を誇る北茨城市平潟漁港において、「第4回平潟港主水(もんど)祭り ~風待ち湊コンサート~」 (平潟港主水祭り実行委員会主催)が開催された。
祭りは、午前11時30分オープニング。北茨城市長、市議会議長、平潟主水祭り実行委員会長などの挨拶の順で始まり、その後、市内中学校・高校の吹奏楽部演奏、平潟小学校児童による「よさこい」の披露、北茨城市が誇る平潟町出身のシンガーソングライター「大塚理恵コンサート」、アマチュアアーティスト・バンドコンサートが続き、最後は平潟漁港の東方から花火が打ち上げられていた。
北茨城市は、従来8月期に行ってきたこの「平潟港主水祭り」を、今回2か月遅れの10月開催変更に至ったのは、夏(8/22)の「北茨城市市民夏祭り」の3回目開催が定着したことによるもの又、10月頃から「アンコウ」が旬の時期に入り、北茨城市平潟温泉を「アンコウ鍋」で売り込むPR効果を狙ったものとのこと。
このことにより、この祭りもいつもの多彩な出演のほかに「あんこう魚霊祭」が加わり、舞台でのアンコウの供養、アンコウの捌き方の披露でより一層賑やかになりその後、観客200人にアンコウ汁が無料で振る舞われていた。
069.gif  昨年(2009)の第3回平潟港主水祭りをご覧ください。(クリックしてください。)069.gif
069.gif 一昨年(2008)の第2回平潟港主水祭りをご覧ください。(クリックしてください。)069.gif
069.gif一昨昨年(2007)の第1回平潟港主水祭りをご覧ください。(クリックしてください。)069.gif

056.gif今回初披露 あんこう魚霊祭056.gif
b0183886_2250810.jpg

b0183886_2251958.jpg

056.gif老朽化が激しい主水屋敷は…056.gif(下欄に「鈴木主水と主水屋敷とは…」の説明あり。)
市長挨拶の中で主水屋敷は、平成21年度に地権者から北茨城市に寄付があり、現在整備等を含めて今後の利用を検討しているとのこと。
b0183886_2254428.jpg

056.gif地元平潟小学校の「よさこい」の披露056.gif
b0183886_22554640.jpg

056.gifいいあんばいの足湯です。056.gif
b0183886_22574777.jpg

056.gifシンガーソングライター・大塚理恵里帰りコンサート056.gif
b0183886_232282.jpg

b0183886_2323577.jpg

※鈴木主水と主水屋敷とは…
平潟港のほぼ中央、港を一望する高台に、数百年の間平潟港を見守り続けた老松を庭に配した、茅葺きの屋敷がある。江戸時代に、東廻り海運の重要寄港地、関東と奥州の接点であった平潟港の浦役人・庄屋として、江戸中期から幕末までの平潟を支配した鈴木主水の屋敷である。
鈴木主水については、初代鈴木主水(世襲)が、水戸藩士であったが、藩主頼房の時に、藩政の不公平を怒って水戸を去り、棚倉領であった平潟に住んでいた所を、仙台藩主伊達正宗が、その人格を見込んで浦役人(港の管理者)としたとの事。(北茨城市チラシから)
[PR]
by reina-g | 2010-10-03 21:32 | 北茨城市の観光 | Comments(2)