<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

昭和歌謡の救世主?〝はやぶさ〟 日立市

056.gifはやぶさの皆さん056.gif
持ち歌「なんで横浜・・・」「はやぶさ祭りだよ」を熱唱 !
b0183886_551554.jpg

058.gif歌唱力は天下一品に値する上手さ058.gif
昨日(5/24)午後、茨城県日立市神峰町、吉田正音楽記念館の裏庭にあたる「奏でガーデンコンサート広場」において、当記念館、年数回の不定期催事「日立市出身の偉大な作曲家・吉田正メロディーを継承するアーティストたち」(テーマ)があり、今回は、3人組の新世代歌謡グループ、アーティスト名「はやぶさ」の皆さんが招待された。
彼らは20歳代の若者で、持ち歌は勿論、演歌・歌謡曲のカバー曲を持ち、若く力強い歌い方は、現在人気落ちの演歌などの昭和歌謡を盛り立て行くかのようだ。
コンサートの最後にグループの一人が観客に向かって「思ったより歌が上手だったか。?」の質問に、観客のほぼ全員が「最高!」の声援と挙手で示し、この時だけでも、彼らの歌唱力は抜群の評価を得たようだ。 
※はやぶさは、株式会社「長良芸能プロダクション」に属し、同事務所所属の先輩歌手・山川豊、田川寿美、水森かをり、氷川きよしの皆さんらに可愛がられ又、最近は皆さんの口利きにより「木曜8時のコンサート~名曲にっぽんの歌~」(テレビ東京)、「NHK歌謡コンサート」など、ゴールデンタイム時のテレビ番組にも出演できるようになったとのこと。
昭和歌謡の救世主になるように、がんばれ〝はやぶさ〟。
※アーティスト名の「はやぶさ」は、未来に向かって羽ばたいていくイメージで命名したとのこと。
001.gif吉田正音楽記念館で久保浩さん熱唱をご覧ください。(クリックしてください。)

More 更に「はやぶさ」が…
[PR]
by reina-g | 2014-05-25 05:05 | 市外のニュース | Comments(0)

'14常陸大津の御船祭り 北茨城市

056.gif御船出発点056.gif 画面を大きくしたい場合は、画面上をクリックしてください。(全画面)
揉みが足らないのか更に10~15分位揉み続けるお神輿がようやく御船に乗船です。
お神輿乗船により〝飾り船〟が〝神船〟に変身する瞬間 !!…さぁ~これから神船は、約1㎞先の富岡地区の佐波波地祇(サワワチギ)神社参道に向かって陸上渡御となる。
b0183886_3431310.jpg

058.gif海男の勇壮な祭り「常陸大津の御船祭り」058.gif
東日本大震災で津波の被害を受け、その震災の爪痕残る北茨城市大津町で5月2日(宵祭り)・3日(本祭り)の両日、国選択無形民俗文化財指定の御船祭「常陸大津の御船祭」が行われた。
これは、重量5トン、全長約15メートルの木造船を街中で引き回す勇壮な姿に、沿道の1万人以上の観光客らが歓声を上げた。
5年に1度の祭りは、安波囃子が鳴り響く晴天の下、今回は震災の〝復興祈願〟を掲げ、漁労安全の佐波波地祇(サワワチギ)神社のお神輿が乗船すると、最高な見せ場を迎えた。
若衆約50人が船を左右から揺さぶり、一直線に延びる約200メートルの綱を約500人の引き手が威勢良く引くと、お船は道路に敷かれた木枠の上を滑り、その摩擦熱で煙と焦げた臭いがたちこめていた。
069.gif5年前の「常陸大津の御船祭り」 (クリックしてご覧ください。)

More更に御船祭りが…
[PR]
by reina-g | 2014-05-10 14:13 | 北茨城市のニュース | Comments(2)