「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

北茨城市での歌人・佐藤佐太郎

emoticon-0155-flower.gif佐藤佐太郎の母校「北茨城市立平潟小学校」全景emoticon-0155-flower.gif
b0183886_15504211.jpg

emoticon-0157-sun.gifキリスト教会のオルガンで高木東六と音合わせemoticon-0157-sun.gif
北茨城市にこんなに偉い歌人がいた。
それは、大正から昭和にかけて活躍した近代短歌の歌人の、斉藤茂吉に師事、晩年は、現代歌人協会理事や宮中歌会始選者、「毎日新聞」歌壇選者などを努めた日本短歌界の第一人者である‘佐藤佐太郎’そのひと。

彼は幼き頃、両親と共に宮城県柴田郡大河原町から茨城県多賀郡平潟町(現北茨城市)に移り住み、平潟尋常小学校を卒業して多感期の16歳まで平潟の港町で過ごした。
彼は、上京して岩波書店の店員をしながら、大好きな斉藤茂吉の「竜馬子房雑歌」を読み短歌に感心をいだくようになり、自分で作った短歌集も含め、図書出版をやろうとするが失敗し、多事多難な年数を過ごしたりしている。

昭和20年戦争が終わり、昭和22年4月に新しい教育法が制定。名称が「国民学校」から「小学校」の変更と「中学校」が“義務教育”として新規に誕生。同時に学校側も新しい校歌が必要となり、作詞・作曲ができる音楽関係者に対して作成の依頼をしていた。
当時38才前後の佐太郎は、この事を知り、短歌とは異なるが、一時の金儲けのため、住まいの東京から幼き頃住んだ北茨城市に住み込んで、北茨城市立平潟小学校、同石岡小学校、同富士ヶ丘小学校と同常北中学校・日立市立多賀中学校そして、県立高萩高校の校歌を作詞して生計を繋いでした。

しかし終戦から70年経過した現在、北茨城市でも少子化が続いて、今後とも児童(生徒)の増加は見込めなく、教育経費等の削減のため、やむを得ず、来年4月から小中一貫校制を導入して、手始めに関本第一小学校(福田)、冨士ケ丘小学校、関本中学校が統合。その後も随時、市内全てに小中一貫校制を行い、このため学校の名称などが変わり、「佐太郎校歌」の存在は、風前の灯火(ともしび)状態になって無くなる運命にあり、誠に残念である。

※常北中学校校歌は、高木東六作曲・佐藤佐太郎作詞のビックコンビで完成されたが、一時疎開先の旧磯原船戸付近に滞在していた高木東六と佐藤佐太郎が出会い、大津町西町の大津キリスト協会「西丸正教会」内にあるオルガンを拝借使用、何度も二人は音合わせをして完成させた様である。(大津町・大盛屋食堂の奥さんの談)
・このキリスト協会所在地(大津町1375)は、大盛屋食堂、元大津劇場、元銭湯「亀の湯」付近にあり又、教会は我父の生家でもあったが、既に協会施設は無く現在は、民家が建っている。
◎佐藤佐太郎 1909/11/13出生、1987/08/08死去、享年77才

佐藤佐太郎ウィキペディア(Wikipedia)下欄に外部リンクされたブログ名「北茨城市ちょっとした情報」の記事「佐藤佐太郎」に関するものが、10年前作成した別のマイブログにあります。≪(Wikipediaにリンクされたのが一寸自慢かも…。!!(笑)≫ お手数ですが「佐藤佐太郎ウィキペディア」として検索、ご覧ください。 (ウィキペディアとは、インターネット上で利用できる百科事典の類。)

More更に佐藤佐太郎が…
[PR]
by reina-g | 2015-06-30 16:11 | 北茨城市の歴史 | Comments(0)