第28回雨情里港まつり 北茨城市

056.gifオープニング056.gif 挨拶する北茨城市長
出席された国会議員の皆様に大津漁港の復興に尽力をされた事の礼をの述べられていました。
b0183886_9284670.jpg

第28回雨情里の港まつり
産業の活性化と市民の娯楽が目的の毎年恒例の「第28回雨情の里港まつり」が11月6日が晴天の北茨城市大津漁港で行われました。
昨年は、大物歌手・杉良太郎、伍大夏子、MAXが舞台を飾ったため、大勢の見物者だったが、今回は、この影響でこの港まつりが広く認知された様で、例年より多めの皆様が集まり、さんまの無料配布、魚、野菜などの安価な販売などに魅了されていました。

Moreこちらにもみなとまつりが…
[PR]
# by reina-g | 2016-11-16 10:04 | 北茨城市のニュース | Comments(0)

天心の「観月会2016 」 北茨城市

056.gif向かいの岬公園から旧天心邸と六角堂を望む056.gif
b0183886_9144942.jpg

058.gif歴史が語る優雅な茶会058.gif
毎年恒例の「観月会・天心邸茶会」が10月30日、茨城大学美術文化研究所主催、茨城県天心記念五浦美術館、五浦日本美術院岡倉天心偉績顕彰会共催、北茨城市、公益法人日本ナショナルトラスト後援により、北茨城市大津町五浦、「旧天心邸」で行われました。
岡倉天心が、北茨城市大塚出身の弟子・飛田周山の案内で五浦に土地を求めたのは1903(明治36)年の5月頃のことでした。彼は、この五浦の地をいたく気に入り、二年後には六角堂を構え、ここを拠点としてボストン美術館勤務などの国際的な活躍をしました。1906 (明治39)年には日本美術院を五浦に移し、各界の名士を招待して「仲秋観月会」を開催しました。この事により毎年、この催しを偲んで開催するものです。
なお、観月会の今年も、この茶会と天心に関する大学の先生の講話、六角堂展イベントがワンセットとなっていましたが、時間と場所(五浦美術館)が異なるので茶会のみを当ブログに載せました。
◎「天心と茶」
天心が、1906年(明治39)の五浦に住居移転当時に、ニューヨークで刊行された「茶の本(原題 The Book of Tea)」は、彼が外国人に向けて、日本の生活習慣などの生活文化などを紹介をするために英語で書いたものであり、これがアメリカ、イギリスなどに好評を得たとのことです。これからも、天心と茶は、切っても切れないものとなっています。
当お茶会は、一般の方も、参加できますので、是非、来年の天心邸のお茶会は、気分は最高の天心邸でされては如何ですか。 参加料:500円 (六角堂入場料+茶代) 

※記事内容は、茨城大学五浦美術文化研究所の当日配布チラシから。

More こちらにも天心茶会が…
[PR]
# by reina-g | 2016-11-05 08:01 | 北茨城市のニュース | Comments(2)

冨士ケ丘の棒ささら  北茨城市

056.gif大塚神社056.gif
この冨士ケ丘大塚神社は、神社内の「由緒書」では「前後円墳にて日本古墳の代表形である」とあり、周りが田畑で小さな低い山の形体(古墳)が境内となっています。
b0183886_19555662.jpg

058.gif北茨城市指定無形民俗文化財(平成4年5月6日指定)行事・冨士ケ丘棒ささら058.gif
去る10月17日(月)、北茨城市関本町冨士ケ丘の大塚神社において、五穀豊穣、国家安護(家内安全)、子孫繁栄を祈念して3人の子供が獅子頭を被り舞う「ささら舞い」と大人が刀や木刀などで戦う棒術「棒ささら」が神前奉納されました。
この棒ささらとは、行列の先頭には、つゆ払いの天狗様が立つ。旗や吹き流しの梵天がひるがえる中、笛、太鼓の鳴り物にあわせ、 子供によって、角2本の雄獅子2頭、角1本の牝獅子3頭の獅子舞が演じられ、それとともに、 一緒に伝承されている棒術が演じられることがこのささらの特徴で、名前の由来にもなっています。
※2013年10月17日(木)の前回3年前の「冨士ケ丘棒ささら」をご覧ください。【クリックのこと

Moreここにも棒ささらが
[PR]
# by reina-g | 2016-10-21 19:56 | 北茨城市のニュース | Comments(1)

祈りと癒しと笑いのひととき… 北茨城市・長松寺

056.gif天台宗長松寺 北茨城市056.gif
由来:当寺社は、貞観(じょうがん)年中(859~77)慈覚大師が創建し、天文年間(1532~55)住職の亮円が中興した。始め大津地区の堂平の地にあって、のち西町に移り、元禄中徳川光圀の命によって、薬師如来を本尊とし、僧の円詳を住職に選任した。檀家は、海の仕事に従事する人が多く、当時から境内の波切不動への信仰が厚いものがあった様です。
b0183886_1527314.jpg

058.gif 一隅を照らす運動を…そして、見事な大盤振る舞い!! 058.gif
10月2日(日)午後1時から2時間30分、北茨城市大津町「天台宗長松寺」拝殿において、主催「天台宗一隅を照らす運動総本部」により、芸人・曲芸師、落語家さんたちを呼んでの賑やかなイベント「大津町in一隅フェスティバル」が行われました。
天台宗の「一隅を照らす運動」は、信仰と実践によって一人ひとりが心豊かな人間になり、平和で明るい世の中を理想郷として共に築いていこうという生命・奉仕・共生の3つの柱を自立する社会啓発運動のようです。
当日長松寺拝殿には、都道府県の菓子類や特産物など各天台宗団体からの寄贈品が山の様に重なり、開会受付時、あらかじめ番号が書かれたカードが檀家などの皆さん(檀家、一般者関係なく)に渡され、閉会間際に一等、二等、三等……など番号の発表があり、先ず、番号一致者にその中の高級寄贈品が次々と渡され、その後も、落語を楽しみに訪れた全部の方々に沢山のお土産が、はずれなしに渡り切りました。最後の人でも、1~2000円の物が紙袋に数個入り、見事な大盤振る舞いでした。 来訪者は、約70人。

Moreここにもお坊さんが…
[PR]
# by reina-g | 2016-10-04 15:25 | 北茨城市のニュース | Comments(2)

歌手・北沢健さん来たる… 北茨城市

056.gif歌手・北沢健さん056.gif
b0183886_23104832.jpg

058.gif歌手・北沢健さん来たる。058.gif
新人歌手・北沢健さんが去る11日(日)来市。
北茨城市の大津港近くの北茨城市漁業歴史資料館「よう・そろー」イベント広場で、お話を交えながら、ご自分の持ち歌、先輩歌手・小金沢昇司さんの持ち歌をちょっと入れて40分位歌いました。当日、よう・そろーは、古物市が隔週日曜日に開かれる日に当たり、カラオケ大会のイベントがありましたが、彼の登場で更に〝場〟に花が咲いたように賑やかな日となりました。
なお、当ブログの北沢健さん北茨城市公演記事は、2度目となります。(場所は共に「ようそろー」公演) 1度目公演はこちらです。(クリックしてご覧ください。)

【北沢健さんの自己紹介】  (北沢健さんのブログから)
1983年8月29日生れ 茨城県ひたちなか市出身
北島三郎氏と小金沢昇司氏のファンの父親の影響で、歌に目覚める。
北島ファミリーコンサート等にも積極的に出掛け、その熱心さに両氏本人・スタッフにも顔を覚えてもらえるように…。
2013年10月、小金沢昇司氏プロデュース《♪君の涙は俺がふく》で、デビュー!
演歌・歌謡曲、ニューミュージック等ジャンルを問わないボーカリストを目指す。また、作詞作曲も手掛ける。
◇『♪君の涙は俺がふく』{作詞曲/石森ひろゆき、編曲/成田怜}(キングレコード/KICM30553/\1234)

Moreここにも北沢健さんが…
[PR]
# by reina-g | 2016-09-13 23:07 | 北茨城市のニュース | Comments(4)