「茜平青少年の家」施設解体 北茨城市

056.gif在りし日の「茜平青少年の家」056.gif(解体工事約1ヵ月前に撮影)
最近の当施設は「心霊スポット」の様に不気味な風格になっていた。
b0183886_13295043.jpg


058.gif「茜平青少年の家」施設解体058.gif
北茨城市華川町小豆畑にある北茨城市立「茜平青少年の家」施設の解体工事が7月初旬から行われている。
「茜平青少年の家」は、昭和47(1972)年5月、現市長の亡父、元北茨城市長・豊田実市政時に開所し、青少年育成、青少年団体の指導者育成、ボランティアの養成やグループ活動、学校の部活動や課外活動等地域や会社内グループ活動など団体を含めて、市民の研修目的として幅広い活動に利用されてきた。
その後の平成12(2000)年5月、同地隣にホテル「マウントあかね」がオープンとほぼ同時期に青少年の家事業は、県(国)への債務期間内28年間で廃業となった。
このことから市は、施設を直ちに解体する事が出来ないまま、平成21(2009)年の9年間、施設無人・放置状態が続いたが、この程、県・市のトップ協議により、残金の債務返済金免除が決まり施設解体のはこびとなったという。
尚、跡地利用は、農業改革として耕作放棄地を利用した果樹産地の育成に乗り出す計画があり、ユズ、ブルーべリー、カキ、イチジク、クリの北茨城の土地に適した5種類の果樹の苗木の購入費を一部負担し、市内での産地化を後押しすることから、モデルケースとしてブルーベリー(栽培)畑が第一候補のようだ。

056.gif施設解体056.gif
b0183886_1821341.jpg

b0183886_481294.jpg

b0183886_18232950.jpg

056.gif茜平からの眺望056.gif
b0183886_413321.jpg

[PR]
by reina-g | 2009-09-09 01:59 | 北茨城市のニュース | Comments(2)
Commented by Yukimasa Isogai at 2009-12-22 12:01 x
しばらくです!
この施設が取り壊されたとは寂しい限りです!
小学生の頃にできた施設だったと記憶しています。

新入社員研修もここでやりました!
Commented by reina-g at 2009-12-22 23:51
コメント有難う。
今日勿来に行ってきました。
2人ともお元気ですが、偶には顔を見せに行って下さいね。私も会いたいです。


<< 秋の味覚・まいたけ 北茨城市 ロマンが大きく膨らむ車城の山城... >>