秋の味覚・まいたけ 北茨城市

056.gif500g1000円の舞茸の量056.gif
b0183886_1715493.jpg


058.gif香り、味とも最高の評判で売れ行き順調の舞茸058.gif
北茨城市花園方面途中水沼ダム手前の腰越地区道端に「自然原木自然栽培・まいたけ直販所」と看板をかけた出店がある。
舞茸の生産地は、腰越地区から左折して約2キロ先の華川町小豆畑馬飼地区で「馬飼きのこ生産組合」として10軒が組織をつくり、銘銘が生産している。
馬飼の舞茸は、自然と同じ環境のもとで栽培していることと、直販所は、売れ行きが順調なため商品回転が早く、そのため、常に活きのよいものばかりが店頭に並び「香り、味とも最高」そして「安価」が好評で、毎年、高萩、いわき方面からの客と、近所から依頼されて大量の「纏め買い」をする客もいるほどの〝人気の舞茸〟である。
なお、販売期限は、10月中旬までとのことだが、品薄のため、その頃まであるかどうかである。

056.gifまいたけ直販所056.gif
b0183886_1852420.jpg

056.gif舞茸栽培056.gif馬飼地区の谷内さんの栽培ハウスで‥
枯葉と同じ色なので、保護色の動物が隠れているように舞茸が‥。
b0183886_20265437.jpg

056.gif正確に‥056.gif
世間相場価格は1㎏3000円とかだが、馬飼舞茸はトップ画像の説明のとおりである。
b0183886_21182079.jpg

056.gifこれが目印056.gif
b0183886_6394351.jpg

056.gifこの笑顔のおばちゃんが迎えてくれる。056.gif
b0183886_20481055.jpg

[PR]
by reina-g | 2009-09-16 21:07 | 北茨城市のニュース


<< 下君田地区の大塚神社ささら舞い... 「茜平青少年の家」施設解体 北茨城市 >>