「親父の会」の頑張り 北茨城市

056.gif下駄箱補修作業に夢中056.gif
b0183886_2143014.jpg

058.gif磯原中学区親父の会活動058.gif
北茨城市磯原地区の父親たちが、地域の子どもと積極的に係わって子育てに参加し、子供たちの不登校や非行などの問題を父親の立場から向き合っていく「磯原中学区親父の会」(佐藤英史会長・会員数:約60名)は、磯原中学校を中心に明徳小学校、精華小学校、地域のボランティア団体などで立ち上げた組織で平成20年8月から1年6月を経過しようとしている。
この間の組織活動は、精華小学校校庭で行ったソフトボールとドッチボールの試合が、親子の触れ合い促進としてベストであるが、スポーツイベントに限らない趣旨に添うものであればと、時には“親父”の動員人数が少数でもできる学校備品の修理などにも取り組んでいる。
今回は、4月からの新入生145名が少しでも早く、新しい環境に慣れて学校生活に入って欲しい思いから校舎入口に設置してある「下駄(履物)箱」の補修を行っていた。
この“親心”が子供たちに伝わって欲しいものである。

056.gifベニヤ板を張替え‥056.gif
その後、表面の汚れを取り掃ってから白色ペイントを塗る作業。
b0183886_837383.jpg

056.gif綺麗に修理された下駄箱が設置056.gif
b0183886_8351673.jpg

056.gif卒業生手作りの渡り廊下056.gif
登校拒否などの問題児だった卒業生が“改心の証”にと手作りの「渡り廊下」を後輩に‥。
b0183886_8453571.jpg

056.gif設置作業が終わり最後のお掃除056.gif
b0183886_8405887.jpg

056.gif有志者056.gif
設置当日の今日(3/31)は、年度末と休日以外の日で他の会員は忙しいのでPTA会長、親父の会会長・同副会長の最小限3名と少数の先生、生徒で下駄箱設置作業を行っていた。
b0183886_843031.jpg

[PR]
by reina-g | 2010-03-31 21:43 | 北茨城市のニュース


<< 第49回日立市さくらまつり “春告げ魚・コウナゴ(小女子)... >>