第5回平潟港主水まつり ~風待ち湊コンサート~ 北茨城市

056.gif平潟港主水祭り風景056.gif
村田洋文市議会議長あいさつ。
b0183886_4113782.jpg

058.gif北茨城市の復興の源・平潟港主水(もんど)まつり058.gif
昨日(10/1)、アンコウの水揚げが県内一を誇る北茨城市平潟漁港において、「第5回平潟港主水(もんど)祭り ~風待ち湊コンサート~」 (平潟港主水祭り実行委員会主催)が開催された。
「今年は、平潟町が津波で大きな被害を被っているのに“お祭り騒ぎは如何かな”と悩んだが、市民の皆様の元気が北茨城市の元気・復興の源であるとの結論に達し、今日の主水祭りを行うことに決しました。」とは、北茨城市長の挨拶。
前回と比較すると、ステージは北向きから南向きにして、飾り物も簡素な飾り、出し物も少なめにしてお祭りごとを抑えぎみにした好感が持てる工夫がみられ、観客も満足気の様子だった。
ここ平潟町では、この度の津波で2人の犠牲者が出ている。

056.gif魚霊祭056.gif
b0183886_4161375.jpg

056.gifアンコウの吊るし切り056.gif
この後、観客にアンコウ汁が無料で振る舞われた。
b0183886_417535.jpg

056.gif市内中学校吹奏楽部の演奏056.gif
b0183886_4241571.jpg

b0183886_4271911.jpg

056.gif鈴木主水屋敷の建物は…056.gif
北茨城市平潟漁港のほぼ中央、港を一望する高台に、数百年の間平潟港を見守り続けた、茅葺きの屋敷。江戸時代に、東廻り海運の重要寄港地、関東と奥州の接点であった平潟港の浦役人・庄屋として、江戸中期から幕末まで世襲・“鈴木主水”として、平潟を支配したその主水の屋敷である。しかし、この度の震災時には持ち耐えていたがその後、市が震災家屋と一緒に撤去し、今は影も形もない。(画像により後山法面を補強工事を施したことが解る。)

056.gif主水祭りのタイムスケジュール056.gif
平潟漁港も津波が原因で地盤沈下があり、予定の終演時間が満潮に当たるので1時間早めにする旨の場内説明があった。
b0183886_1431023.jpg

by reina-g | 2011-10-02 04:11 | 北茨城市の観光


<< マウントあかねの収穫祭・どぶろ... 懐かしい母校・二宮金次郎 北茨城市 >>