水戸の観梅と梅大使

056.gif好文亭3階楽寿楼から偕楽庭園と千波湖を望む056.gif
二つの画像を一つにしてパノラマにしてみました。
b0183886_10424444.jpg

058.gif梅は未だ咲かぬが綺麗な水戸梅大使(梅むすめ)の出迎えで満足度100%!!058.gif
観梅期間は、2月18日から3月31日とのことなので、3月4日(日)に開園初日から半月以上経過しているので既に咲き始めの頃と思い、北茨城市からバイクで水戸偕楽園に出かけてみた。(往復150㎞)
寒さ防止の完全武装だったが走行途中、冷気が衣服の釦が外れたところから下着内に入り込み寒さで一時水戸行きを諦めようとしたが、バイクを止めて、釦を締め直したところ問題が解決し、防寒完備OKを確認して目的地に向かった。着いてみると偕楽園の梅の花は、今年の寒い異常気候のため開花が極端に遅れているとのこと。梅の花は咲かねども水戸梅大使の綺麗なお嬢さんが迎えてくれて私のハートは咲き綻び状態。
さあ~、その水戸の梅大使をご覧あれ。
※3月4日(日)は、第65回大撮影会と写真コンテスト(茨城県カメラ商組合主催)があるとの情報が水戸観梅に行く理由になったのも一つである。
 
056.gif好文亭056.gif
偕楽園は、水戸藩第九代藩主徳川斉昭(烈公)が「民と偕に楽しむ」という趣旨に基づき自ら構想を練り創設したもので、天保12年4月に建設に着手し、翌13年(1842)7月に竣工開園しました。
好文亭は、斉昭がその位置や意匠について定めたといわれ、偕楽園の創設と同時に建てられました。好文亭の名前は梅の別名「好文木」に由来し、二層三階建ての好文亭本体と平屋建ての奥御殿を総称して好文亭と呼んでいます。各所に創意工夫と洒脱さを感じさせ、斉昭はここに文人墨客や家臣、領内の人々を集めて詩歌や慰安の会を催しました。特に、三階楽寿楼からの千波湖や田鶴鳴梅林などの眺めは素晴らしいものがあります。(好文亭入場券から)
b0183886_165064.jpg

056.gif偕楽園内での撮影会056.gif
069.gifプロのモデルさん069.gif
 ①
b0183886_16102280.jpg

 
b0183886_16144731.jpg

 ②
b0183886_920556.jpg

069.gif水戸の梅大使の皆さん069.gif
 ③
b0183886_16161488.jpg

 ④
b0183886_16165549.jpg

 ⑤
b0183886_21143018.jpg

b0183886_2353813.jpg

 ⑥
b0183886_34236.jpg

b0183886_1142739.jpg

 ⑦
b0183886_1254985.jpg

b0183886_12544843.jpg

 ⑧
b0183886_20222363.jpg

056.gif撮影風景056.gif
撮影現場近くを通りかかった観梅客の一人がこの光景を見て「撮りまくるカメラマンは、まるで食べ物に群がるハエの様…」と囁いていました。〝ハエとは誠に失礼な話〟と思いながらも、そうだとすると〝直前まで自分もハエの一匹に見えていたんだな…〟と神妙な気持ちになりました。008.gif
b0183886_16185741.jpg

056.gif人気の黄門様一行との記念撮影056.gif
人気のひとつは、黄門様との集合写真撮影のようです。順番待ちのため長蛇の列を作っていました。
b0183886_16221153.jpg

056.gif昼食会056.gif
老人会の旅行でしょうか、園の芝生の上で車座になり楽しいひと時…
b0183886_16225352.jpg

056.gif偕楽園入口の看板056.gif
b0183886_16264195.jpg

by reina-g | 2012-03-06 10:42 | 市外のニュース


<< 第二回石岡さくら祭りと常磐炭鉱... 震災以来の催事「どぶろく&あん... >>