志摩幸子さんを招いてカラオケ発表会 北茨城市

056.gif会場風景056.gif
b0183886_223963.jpg

058.gif40名ののど自慢が「一年間の総仕上げで歌います。!!」058.gif
昨日(7/20)、北茨城市(社会福祉協議会)は、当市老人福祉センター「ライト」において、高齢者の生きがいと健康づくり推進事業の一環として、毎年恒例の「カラオケ発表会」を開催した。
この発表会は、当市出身の演歌歌手・志摩幸子さんを招いて講師をお願いし、抽選で選ばれた喉自慢40名の60歳以上の市民が順番に2コーラスを歌い彼女(講師)は、歌え終えた直後、各人に批評を加えるというもの。
批評の内容は、歌唱力の優劣を決めるのではなく、当人が日常カラオケを歌うに当っての問題点を懇切丁寧に指導、歌が上手であれば、心から称え、下手であれば優しく、時には唄う希望を閉ざさないようソフトに欠点を教えるなど、さすが演歌のプロフェッショナル、思い遣りの心で言葉を選んでいた。
カラオケ会終了後、♪志摩幸子オンステージ♪があり、約1時間、観客の殆んどが彼女の喉に酔いしれた。
 007.gif(前回文をコピー)007.gif

056.gif40名の審査が終わり、さぁ~これから「志摩幸子歌のオンステージ」だ!!056.gif
b0183886_1271474.jpg

056.gif客席に入り、歌でご挨拶の志摩幸子さん056.gif
b0183886_226043.jpg

[PR]
by reina-g | 2012-07-21 01:45 | 北茨城市のニュース


<< 復興・振興元年として「水戸黄門... レトロな観光PR館「びすとれ」... >>