東日本大震災から二年 北茨城市

056.gif追悼式が行われた平潟漁港056.gif
b0183886_1502437.jpg

058.gif鎮魂そして北茨城市の復興決意を誓う 058.gif
東北地方などで18,000人以上の死者・行方不明を出した東日本大震災、茨城県内は24人が亡くなるなど甚大な被害をもたらした。
北茨城市内でも5人の死者と1人の行方不明を出し、この震災から2年を迎えた11日(月曜)、内3人の犠牲者を出した平潟漁港広場に遺族、市民らが参列して市主催追悼・復興記念式典が行われ、地震が発生した午後2時46分には一斉に黙祷(もくとう)とその後、献花がささげられた。
又、震災の教訓を風化させないようにと、“マグニチュード9.1の地震が発生した”との仮定で、大規模な防災訓練が行われ、避難訓練、船舶非難訓練、炊き出し訓練,応急手当訓練、消火訓練などの催しが行われた。
一般市民と地元小・中学生そして、主催者側の市職員、消防団員らを含む約500人の参加者らはそれぞれの記憶を振り返りながら復興への決意を誓った様だった。
056.gifいち早く高台へ!と避難訓練056.gif
病人、老人の搬送にはリヤカー使用は名案!!
b0183886_2344018.jpg

056.gif皆との協力のバケツリレーで消火訓練056.gif
b0183886_2511540.jpg

056.gifCL-82 巡視艇なかかぜ Nakakazeが応援へ056.gif
海上保安庁 第三管区海上保安本部 茨城海上保安部所属
b0183886_9211684.jpg

056.gif漁船も避難訓練に参加056.gif
漁船は、津波発生合図で一斉に港を離れて行き、沖合で海上保安庁の「巡視艇・なかかぜ」が漁船に対して津波を乗り切る方法を指導している様だ。
b0183886_975253.jpg

056.gif海上保安庁のヘリコプター「わかわしAS332」056.gif
10分位湾内を旋回していたがその後、林野火災の連絡があり、そちらに飛来して訓練には参加出来なかった。
b0183886_9192652.jpg

056.gif追悼式056.gif
b0183886_14145795.jpg

056.gif主催者など056.gif
前列左から松崎教育長、石田副市長、豊田市長、村田市議会議長、志賀県会議員の各氏
b0183886_14381764.jpg

056.gif市議会議員各位056.gif
b0183886_14391185.jpg

[PR]
by reina-g | 2013-03-13 14:45 | 北茨城市のニュース


<< 街の復興をアンコウモニュメント... 「平潟漁港のあんこう」テレビ生... >>