'15北茨城市大津の盆船流し

056.gif祭壇に飾られたのは昔の盆船を大型に拡大再現056.gif
この盆船は米わらだが、当時、本物は、水が米わらより浸透し難い、麦わらを使用していました。
b0183886_424114.jpg

058.gif茨城県指定無形民俗文化財「北茨城市大津盆船流し」058.gif
北茨城市伝統行事の一つ「大津盆船(ぼんぶね)流し」が〝送り盆〟の一昨日(8/16)、早朝6時から大津漁港内市場広場で行なわれた。まず式典は、大津地区伝統行事推進会々長(北茨城市会議員)村田洋文氏、同名誉会長(北茨城市長)豊田稔氏の挨拶後、新盆の御霊(みたま)を供養する為、地元寺の住職3名での読経と10人からなる若衆の〝ジャンガラ念仏踊り〟と来賓の指名焼香そして、新盆遺族の焼香が続いた。その後、木造の全長1~2メートルの盆船19隻は、エンジン付きの小船など3隻に分けて曳航され、港内を3~4回ほど左周りして、外洋に出港後、再び港に戻り、ゴミとして海上に漂うことのない様に、全盆船の回収を行っていた。
この朝、港には近親者のほか、見物人が大勢詰めかけ、湾内に浮かぶ盆船の風情を堪能、海に帰る御霊を見送った。 (昨年の「新れいな日記」から記事再掲)



056.gifいっぱいの一般の盆供物056.gif
盆の供物は、当日持参して500円前後の心づくしの礼金を添えて処分をお願いするもの。此の後、直接、ゴミ処理の清掃センターに…。(このところは、祭壇の後ろに当たるので僧侶の読経を受け、供養したことになるんでしょうね。)
昔、新盆を含むお盆の仏壇の供え物は、送り盆日の早朝、最寄の海・小川に流す習慣があり、二・三日後、海岸は流れ着いた供え物の茄子、キュウリなどが大量に散らばり汚い状態が続いた。現在は、法律の禁止でゴミステーションに出されるようになつた。
 
b0183886_4342712.jpg

056.gifジャンガラ念仏踊り056.gif新盆の御霊(みたま)を供養する目的で行うもの。
b0183886_6141061.jpg

056.gif主催者側056.gif
b0183886_6302575.jpg

056.gif来賓側056.gif
b0183886_1439226.jpg

056.gif読経056.gif
b0183886_6324046.jpg

056.gif順番に並び出港を待つ盆船056.gif
b0183886_917238.jpg

b0183886_9213191.jpg

056.gif愈々出港だ!!056.gif
b0183886_92315.jpg

056.gifアップ056.gif
b0183886_9255855.jpg

056.gif漁船に曳かれて湾内をぐるりと…056.gif
b0183886_14232145.jpg

056.gif漁船に‘ジャンガラ念仏踊り’のお囃子連を乗せて賑やかに…056.gif
b0183886_1430251.jpg

[PR]
by reina-g | 2015-08-18 04:24 | 北茨城市のニュース


<< キツネノカミソリの群生地 北茨城市 '15磯原二つ島海水浴... >>