天心を偲ぶ 北茨城市

056.gif墓所056.gif
b0183886_2342074.jpg

058.gif天心の功績を偲ぶ058.gif
近代日本美術の発展に偉大な足跡を残した岡倉天心(1863〜1913年)を偲(しの)ぶ「天心忌」が命日の9月2日(水)、北茨城市大津町にある天心の墓所で営まれた。市民らでつくる「五浦日本美術院岡倉天心偉績顕彰会」の会員約30人が献花と焼香を行い、天心の遺徳に思いをはせた。
天心の墓所は、六角堂のある旧天心邸から数10メートルほど離れた場所に位置し、天心が埋葬された東京の染井墓地から分骨・埋葬された。出席者は、墓前で天心作の漢詩「五浦即事(いずらそくじ)」を吟じたほか、天心辞世の詩とされる「戒告」を朗読し、先人の偉業をたたえた。
又同会は、五浦観光ホテルで「祖父・父から聞いた天心の素顔」と題したセミナーを開催し、地元に住む、天心の釣り舟船頭のお孫さんが、〝語り継がれた天心との触れ合い〟を講演した。



056.gif焼香056.gif
b0183886_2455869.jpg

056.gif五浦日本美術院岡倉天心偉績顕彰会056.gif
漢詩「五浦即事」を詠い、天心の辞世の詩「戒告」の朗読をする会員の皆様
b0183886_505860.jpg

056.gif「五浦日本美術院岡倉天心偉績顕彰会」の代表・桂木直子氏056.gif
タウン誌『月刊びばじょいふる』の創始者でもあります。
b0183886_5182527.jpg

056.gif墓所入口056.gif
b0183886_530866.jpg

[PR]
by reina-g | 2015-09-03 02:34 | 北茨城市のニュース


<< '15奉納・ささら舞い... 第8回北茨城市民夏まつり >>